2016年12月 3日 (土)

朝歩き。マンション網掛けの全景。1本杉。リンザ地方のトルテ。他

Dscn4632Dscn4633Dscn4635Dscn4638
 朝食前に床掃除もトイレ掃除もする事が習慣となっています。此の頃、朝歩きの時間が遅れ気味です。
今朝も近隣の大手の印刷工場脇道とマンション全景見える駅前から続いた道路近辺のみ歩けて1330歩です。工事のトントンと叩く音が土曜日の今日も続いています。

Dscn4642Dscn4643Dscn4646Dscn4651Dscn4660Dscn4662
 インク工場の壁面のデザインがモダンです。此の工場に一度中に入って見学したことが有ります。
「町を守る会」の方に誘われて、幹部の方と町長さん含めての座談会に出席しました。
 震災が起きた場合危険な化学薬品が倉庫に貯蔵されているかどうか又工場の東側の道路を隔ててテントの倉庫が有りましたがもし危険物ですと諸に住宅街が被害にあいます。
 私もそのテントを開示する事を求めた発言を致しました。暫く後テントは工場内に移転して前の場所は芝生が植えられていました。会社の良心は感じましたが明らかにトルエン、ベンゼンなどの危険物がインク工場ですから有る筈と「守る会」の調査は進んでいます。この会社だけでなく他の危険な化学会社の一覧表の書類を見せてくれました。地下水も制限された法基準を上回って勝手に使っている所もありました。
 日頃毎日平和に住んでいますが大地震でも起きて爆発でもしたら吾がマンションもそのエリアです。
 ユッカが工場の垣根に成って背景の紅葉のお蔭で綺麗に見えます。
 我がマンション全景が工事幕に覆われています。素晴らしい青空に気付きました。
 1本杉が残されています。何となく昔流行った歌をハミングしてしまいます。
 道路に面したキッズルームの庭への入り口が壊れていますのでこの工事の追加項目として修復する予定です。マンションの玄関のハナミズキの赤い実が初冬らしい風情を醸してくれています。

165pxjomon_sugi_panorama135pxsugi_bark180pxcryptomeria_japonicamale_flowe
  
 杉の木を検索しました。時間のゆとりの有る時にスギ花粉等調べましょう。触れればパッと飛び散る花粉を一杯含んだ花粉症の方は悲鳴を上げて逃げてしまいそうなスギ花です。

Dscn4663Dscn4666Dscn4673Dscn4672

 マンションのエントランスの上方も網が掛かっています。ロビーのある内側から公園方向ですが一部の方の暫定的な自転車置き場となっています。我がベランダの排水の溝を昨日からペンキの様な物が塗られて今日も重ね塗りしていました。排水溝に蝙蝠が巣を作っているお宅が数軒あります。其々の天井部分にドーナツ状の蓋を致します。大型工事の追加項目として承認されました。色々問題が出てくるものです。
 昨日のクッキーと同じ生地でリンザ地方のトルテも1個焼きました。リッチなお味です。

2016年12月 2日 (金)

プレバト・夏井いつき女史。リク。銀行へ。クッキー焼く。他

Dscn4501Dscn4505Dscn4507Dscn4508Dscn4514Dscn4519Dscn4522Dscn4525
 昨夕のプレバトの季題は「冬の足湯」でした。旬のタレント5名と特待生1名の出席者です。
 先ず4位から横沢夏子さんという方の「雪景色白のセーターおそろだね」を「雪景色みたいなセーターの二人」と添削です。「おそろだね」は意味不明と大分けなされていました。
 三位は紫吹 淳さんの「雪の宿足温もりて癒されし」を「雪宿の足湯は温し人ぬくし」と添削です。
 二位は「湯煙と屋根に広がる六花(むつのはな)」を「湯煙や屋根に降りくる六花」と添削です。六花とは雪の結晶の形からきています。キラキラした雪のイメージです。
 一位は日本テレビの元アナの馬場典子さん「寒に覚め窓には月白の蔵王」添削無しです。
 特待生四級のマングローブ・ミッツさんの句「白息の旅湯にぶらりふくらはぎ」を「白息のぶらり旅湯のふくらはぎ」と添削ですがワンランク昇格して特待生三級に成られました。

Dscn4531Dscn4530Dscn4536Dscn4551

 続いての水彩画もちょっとだけ見ましたが紫吹 淳さんの絵ホテルの庭園の図三〇点満点で二八点の評価です。右上です。水彩画の魔術師と云われる野村重在先生も同じ絵を描かれましたが左下です。
 滝の流れは白い所を描かずに影のみで描くのが上手くいくコツのようです。俳句で一位をゲットした元アナの馬場典子さんは水彩画もこのように三〇点満点で一位です。突き当りは東京駅です。マルチタレントね。

Dscn4554Dscn4565Dscn4570Dscn4566
 この辺りで時々出遭うタラちゃん八歳です。懐いてくれますのにリクちゃんは逃げ腰です。

Dscn4610Dscn4620
お風呂もオヤツも終わってリクちゃん寛いでいます。私がオカリナ一時間してる間は音が耳に触るらしく部屋に来ません。銀行など所用で「お留守番」と云って出かけてもその言葉には素直でしょんぼり致します。

Dscn4609Dscn4622Dscn4627Dscn4625
 午前中クッキーの生地をこねて寝かせておきました。昼食後麺棒で伸ばして型で抜き白味を塗ってアーモンドや胡桃をチョンと載せます。180度くらいで20分焼き上げますが天板1枚分焼き上げて置いた途端滑って床に落ちて未だ柔らかいので崩れてしまいました。「アーッ」と凄い悲鳴が居間中に響き渡りました。
 12枚分駄目にしてしまいました。直ぐ拾ってもう一度消毒の為焼いて自宅でボツボツ戴きましょう。
孫息子が高校から帰って来ました。受験生ですから部活無くて速い帰宅です。リクを返しに行きましょう。

2016年12月 1日 (木)

網戸嵌める。アイルランドとトルコでの写真。他

Dscn4422Dscn4427
 昨日の予報では六時頃迄で雨は上がる筈でした。リクを預かる積もりでしたが明日に延期です。
昨日の夕方から廊下側の網戸嵌めてよい事に成りました。格子を嵌めるので二日間の期間内にです。

A0050728_07314145Dsc01776
 今日は朝歩きは出来ませんでしたのでブログ材に事欠きます。左はオカリナの仲間の御主人の体内に埋められていたペースメーカーです。10年以上心臓の脇で活躍していたもので私は初めて見ました。
 新しいものと交換されましたのでご主人は今入院中です。又これについて調べてみましょう。
右は今使っている私のニコンのカメラですが色んな機能をフルには使っていません。ブログ様写真ですが取扱説明書を始めの頃は充分読んでスタートしましたが用途の合わせて丁寧に撮る事をしていません。

Dscn4435Dscn4446Dscn4438Dscn4434Dscn4441_2Dscn4448
 写真は綺麗には撮れません。25年以上前のアイルランド時代のものです。美術学校に行っていました。
 その時の私の作品は若さもあって気合が入って今よりは力作です。パステル画です。
 モデルさんの母親が私の絵を買ってくれましたがお金は要らないと云っても払うと云われるので一アイリッシュポンドだけ戴きました。日本人に描いて貰ったという話題性の為です。

Dscn4455_2Dscn4456Dscn4457Dscn4467
 これはトルコのアンカラ大学傘下のトメルという語学校に行っていた時の物です。次女も当時大学院生でしたが休んでアンカラに来ていました。私と違って身体弱くても何時もトップの成績でしたので日本人会でも誇らしく感じていました。私はヒヤリングが解らず上に進めません。
 三人で座っている写真は滞在してるホテルのカウンターにいる女性です。とても親切でお蔭で主人含めて滞在が楽しい物でした。右のギュネイさんはホテルのオーナーの息子さんと恋仲でした。
 結婚したかどうかは帰国してしまったので解りません。今現在どうなっているか会ってみたいです。

Dscn4468Dscn4469Dscn4474Dscn4482Dscn4483Dscn4486
 沢山の思いで写真です。高齢者に成ってそのまま埋もれてしまうのが勿体なくブログで紹介して活かします。絨毯を編んでいる人、多分観光地でショー用に紹介されていた記憶です。
 ホテルの我が部屋に招待した主人のカウントパートの方の御夫妻です。この方のお宅にも数回招待されました。帰国の時は空港まで見送りに来てくださいました。食事中は次女と私の家庭教師のイナン先生でこの時はアンカラ大学の学生でこの後に日本の東大に留学されました。日本後コンクールで優勝されました。

2016年11月30日 (水)

国分寺セレオビル。リ・ニューアルオープン。アンデルセン等。他

Dscn4278Dscn4279Dscn4282Dscn4357

 次女と待ち合わせしてリ・ニューアルしたセレオビルを見て歩きます。若い彼女は情報通で、どのお店がリッチな品、有名店の名前も特徴も良く知っていて一人では疲れる世界も説明が有ると楽しいものです。
 アンデルセンはずっと昔、新婚の頃広島市にも大きな店がオープンした頃行ったものです。
 吉祥寺のリンデのパンに似たライ麦パンや穀類を平らにして皮に貼りつけたパン等上手に買わないと大出費になります。美味しいモダンなパンと黒っぽい健康パンと二極化しています。

Dscn4293Dscn4299_2Dscn4314Dscn4321Dscn4337Dscn4320

 全く前と変わってモダンな都会的なお店ばかりです。何処から何処までがお店の堺かいつの間にか違う店に成っていますが飽きません。ロールカステラは豆乳と米粉で出来てるそうです。
 成城石井はリッチなスーパーマーケットです。億ションと云われるマンションも建設中すから高級な店を前もって用意してる感じです。又追々見学しましょう。

Dscn4362Dscn4367Dscn4360Dscn4363

 向かいのマルイビルに行きますと特設会場は女流作家の手仕事展でした。今日までの展示の様です。

Dscn4369Dscn4374Dscn4377Dscn4375

 丸いらしいクリスマスのセンスの良いデコレーションです。クルリとケーキコーナーを1周致しました。

Dscn4396Dscn4397

 北口開発工事はどんどん進んでいる感じです。ビルが上に上にと高くなっています。どこがどうなるのかは知る人ぞ知っているのでしょう。次女はアスレチックジムで周りから少し情報が入っています。
 何時完成か全体像を知りたいものです。図書館の良いのが少し離れた場所に出来るらしいです。
 次女は図書館が好きですから楽しみにしています。

Dscn4412Dscn4410Dscn4417Dscn4418

 珍しい食料品も含めてあちこちでショッピングして次女宅に行きます。エスプレッソ・ラテをお茶タイムに出してくれました。大体此処ではソファで15分位横に成って疲れを取って帰路に着きます。
 次女のマンションも大型工事中で幕が掛かっている棟も有ります。次女宅の棟は最後の様です。
 大体何時も西国分寺3時16分で帰ります。帰宅して夕食作る時間が必要ですから。

2016年11月29日 (火)

眼科へ。検査色々。ウエストハイランド・ホワイトテリア。ミニカツ。他

Dscn4254_2Dscn4246_2
 8月1日に白内障の手術を受けて3ケ月に成ります。眼科に8時40分頃着きました。
もうクリスマスツリーが玄関に置かれています。
 9時の先生の診察開始までに眼圧や視力検査などは看護士さんが始めてくれます。

Dscn4248_2Dscn4250_2Dscn4251_3Dscn4252_2
 左上が眼鏡を作ってくれるための部屋です。眼圧、遠近、乱視などの医療機器、視力検査は裸眼と眼鏡と検査して呉れます。眼圧は右12、左13、視力は裸眼で右0・4、左0,2ですが眼鏡で右1・2左1・2でした。
 奥のカーテンで暗くなっている部屋では炎症状態、角膜の細胞数、網膜の断層写真等の医療機器によって検査されました。問診では先生が直接見られて順調な回復で来院は2ケ月に1回の頻度に成りました。

Dscn4256Dscn4257Dscn4259Dscn4260
 斜め前の薬局で目薬戴きますが4種類が2種類に成りました。今日は急性緑内障の為の眼圧下げる薬と潤いを与える薬と2種類です。白内障は3ケ月経ましたのでもう要りません。
 此処にも玄関側に可愛いクリスマスグッズが置かれています。

Dscn4262Dscn4265

 真っ白なワンちゃんに遭えました。犬種はウエストハイランド・ホワイトテリアだそうです。マルチーズと思ったら取材では初めての犬種です。お行儀よく足を揃えてポーズしてくれました。♡ ♡

Dscn4268Dscn4270
 今日は生協が来ますが外出した序でに足りないであろうものをスーパーに寄って買い足しました。
 雀がチョンチョン1匹跳んでいます。かなり接近しても逃げません。

Dscn4273Dscn4271
 豚のヒレ肉が有りましたので焼き肉のたれに浸けてミニカツです。茄子と玉葱も序に揚げておきました。
午前中時間見出して40分ばかりオカリナレッスン出来ました。午後は生協などの諸々が有ります。

2016年11月28日 (月)

デトロイト美術館。中華料理。チェロ演奏。アメ横。他

Dscn4061Dscn4065Dscn4063Dscn4082
 上野公園は文化の中枢地です。美術館巡りに待ち合わせの人々が多く見られますが今日は月曜日で殆ど休館日です。上野の森美術館でデトロイト美術館の美術品の特別展を見る事が出来ました。
 待ち合わせ時間の10時半より少し早く着きましたので公園を散策致しました。落ち葉が風に舞い地面は相当散っていましたが紅葉が綺麗です。二人の少女の像は軽やかに踊って暫し目が留まりました。

Dscn4062Dscn4103Dscn4100Dscn4090Dscn4119Dscn4118
 現在の展示物の紹介です。私達は今日開催されているデトロイト作品展示の上野の森美術館です。
文化会館のサイド側に戦火で荒廃した此の上野を復活に導いた功労者、安井誠一郎の胸像が有ります。

Dscn4127Dscn4132Dscn4130Dscn4174Dscn4184Dscn4194
 今日はフラッシュ使わないと撮影が許可されていました。殆どの作品を撮りましたが又追々紹介します。
ピカソの椅子に座った女性が良いですね。模写したいです。写真に致しましょう。

Dscn4204Dscn4202
 帰り際にエントランスの広場に大きなデトロイトの自動車工場の絵が有る事に気付きました。
中々お気に入りの背景となっています。原画を拡大したのでしょうね。

Dscn4215Dscn4218Dscn4227Dscn4228
 公園でチェロを弾いている外人さんがいました。チェロは大好きでヨーヨー・マが弾いている「バッハの無伴奏」を初めて聞いたとき衝撃を受けたほど感動したものです。お昼は素敵な煌びやか中華料理店に友人が案内してくれました。少し濃い味に感じましたが本当に美味しい昼食でした。又行きたいです。

Dscn4233_2Dscn4241
 帰りには何時もアメ横に寄って干しイチジクや乾物を少々買って帰ります。外国人が多くトルコのケバブ店イスラム教のスカーフを被った女性もテーブルに座っています。蕨等にはトルコから来たクルト人が多くいると聞きましたが彼らがケバブ店を開いているのでしょう。トルコではケバブの香辛料が強くて此処では日本人の口に合うようになっているのでしょう。国分寺の日立の開放日に食したらそういう食べやすい味でした。

2016年11月27日 (日)

日曜美術館。傅益瑤の水墨画。父傅抱石。祭りの絵。他

Dscn3923Dscn3820Dscn3954Dscn3853
 今日の日曜美術館は中国の傅益瑤という水墨画家の紹介です。
 彼女の父親は近代中国の南北二石(斎白石と傅抱石)或いは中国の三石(呉昌碩を加える)とされる傅抱石です。第一回日中交換留学生(1980年)に選ばれ日本絵画の日本絵画の研究を志した秀才。
 1981年に武蔵野美術大学院修士課程に進み日本画を学ぶ。(塩出英雄画伯に師事)現代中国山水画の新星としてマスコミに報道される。平山郁夫にも師事したと報じています。

Dscn3815Dscn3824Dscn3832_2Dscn3833
 傅益瑶は天水連という徳島代表の阿波踊りのグループと接して祭りの持つ無限の安らぎ雰囲気を感じて阿波踊りの手解きも受けます。丘の上から展望して解放感を感じている女史です。

Dscn3892Dscn3902Dscn3897Dscn3905Dscn3909Dscn3917Dscn3978Dscn3990

 阿波踊りを体感して手の動き身のこなし傘の角度と踊る人一人一人顔を違えて全体を仕上げていくのです。踊りには人生観、歴史観、社会観あらゆるものを包含して陰陽、強弱、リズムが大切と踊りのイズム感を写生致します。あとから丁寧に仕上げて行きます。傅益瑤女史の語りには踊りの持つ高揚感が溢れていました。自分の思いの勢いに日本語を語る中国人の独特のトーンがもどかしく感じながらの御様子でした。
Dscn3875Dscn3865Dscn3878Dscn3874Dscn3873Dscn3880
 中国では毛沢東の文化大革命によってあらゆる文化が消されていきます。水墨画も禁止されて田舎で肉体労働をさせられます。凍土を開墾する作業です。刃物の様に氷で足が切れたそうです。
 中国一位二位の父親からも文化継承の内的力を覚えて日本に勉強に来られます。
 37年の在日で彼女は中国で文化大革命で禁止された祭りの持つ力を感じて祭りの絵を描き始めます。
 日本の有名な祭りを描かれて徳島の阿波踊りの絵は丁度100作目に成ります。

Dscn3845Dscn3846Dscn3955Dscn3972Dscn3973Dscn3976
 父の傅抱石の晩年の杜甫の水墨画です。父親から譲り受けた硯(木製で漆と金が混ぜてある)と墨です。
彼女の人物の描き始めは目鼻口からです。大家と比べるのもオコガマシイのですが私も其処から始め顔の輪郭を後から描きます同じで嬉しい感じです。みずえの会で何処から描き始めるかが話題となっています。

Dscn3975Dscn3821_2
 絵の仲間で物凄く丁寧に升目を下書きされて花や果物等描かれます。鉛筆の削りかすを使って一つづつそれを暈して独特の空気感を描かれる方、1枚の絵を時間かけて段々素晴らしくなっていく方もいます。
 大雑把な私は丁寧に描く仕上がりの素晴らしさを感じて心を絵に増し加える必要性を感じています。
傅益瑤女史から踊りなどの躍動感はその場で書き込み後から一枚づつ丁寧に仕上げる事学びました。

2016年11月26日 (土)

傘寿の誕生会リクも。ご馳走。末摘花聴講に。他

Dscn3740_2Dscn3746
Dscn3762Dscn3771
 昨夕長女宅で主人の傘寿の誕生会をしてくれました。私は筑前煮とフルーツケーキ持参です。
 リクも何時もより違う雰囲気ではしゃぎまくって喉も乾くようです。
 以前は私は行事などの料理が好きで洋風料理など腕を振るったものですがこの頃は主人も渋好みで筑前煮等煮物が食べたいようです。長女の作った「大根と豚ばら肉の煮物」が受けました。
 大根が鼈甲色で柔らかくお肉の味が浸みて凄く孫達にも受けました。フルーツケーキもレーズン、林檎などをラム酒とブランデーに漬けて発酵させて焼きこんだ物でリッチなお味です。

Dscn3778Dscn3780Dscn3777Dscn3784
 足りない食料品が出てちょっと買い物です。ヨークシャーテリアの二匹連れと行き合いました。
 リクと同じ犬種で数年前のリクにそっくりです。今は毛並みは白っぽく変わって同種かどうか判断しにくいでしょう。スーパーでこの頃偶にしか出ないバターが出ていました。四個購入したらレジで二個しか買えないそうで二個取り去られました。「わけあり林檎」という名目で何故どういう訳かは記されていませんが割安で購入です。約束したオカリナの楽譜何曲かコピー致しました。二〇枚で100円です。半額です。

Dscn3785Dscn3796Dscn3794Dscn3799
 叔徳大学での源氏物語、「末摘花」も講座の二週目です。主人に行は送って貰い帰りは歩きです。
財前童子の像を望遠で撮りました。校舎の影には雪が未だ残っています。モダンな造りの大学です。

Dscn3810Dscn3805Dscn3811Dscn3812
 会場の教室です。一時半から始まりますが一時過ぎに着きますともうだいぶ席が占められています。
私は何時も前の方の席を取ります。先生の雰囲気が良く掴めて緊張できる席だからです。
 暖かいブラックのコーヒーを買いにパテオを横切ります。お洒落なテーブルと椅子が置かれています。
 講座はキッチリ一時半に開始です。此の先生の如何に源氏物語に執着されているか感じられる席です。

 源氏が須磨へ流離していた頃の常陸の宮の娘の君は誰一人親身にお世話する人も無くもとより荒れていた宮廷は梟の声、木霊等、侘しい荒れた所となっていきます。偶に出家した兄の禅師が顔を覗かしても処世の道に疎く常陸宮邸の生い茂った雑草や蓬を取り去ることも致しません。
 地方官の北の方に成っている叔母の太宰大弐から自分の娘の侍女として雇い入れようと目論みますがプライド強くどんなに屋敷が荒れ果てても末摘花は源氏を待つことを選びます。
 源氏が京都に帰り咲いても末摘花に連絡は有りません。光源氏の父の桐壺帝のもう一人の妻の
麗景殿女御の妹の「花散里」と源氏は婚姻関係にありました。
 そこへ行く途中荒れ果てた屋敷を通りかかり末摘花を思い出します。
 乳母子の惟光を偵察に屋敷に入らせます。彼の報告を聞いた源氏は不憫に思い薄情であったと自認なされます。源氏は部屋に入り上手な言葉で繕い、自分を頼って待っていてくれた事に対して自責の念に耐えない。姫への愛情とは別の人類愛からなのです。
 東院という所に彼女を住まわせられます。しかしお屋敷が近いので何かの時にちょっと顔を出されるけれど関係した妻の一人といったものではありませんでした。かの地方官の太宰大弐も驚かれ又去って行った侍従ももう暫く辛抱して待たなかった思慮の浅さを恥ずかしく思っていること、後日談として述べられています。

 トイレで元高齢大生の方と会って楽しい彼女とお喋りしながら一緒に自宅近くまで帰りました。
 又此の先生の講座は是非聴講したいです。もっと頻度を高くしてもらいたいものです。

2016年11月25日 (金)

俳句査定ランキング。真田丸。オカリナレッスン日。他

Dscn3620Dscn3621Dscn3626Dscn3638Dscn3649_2Dscn3659Dscn3670Dscn3663
 昨夕の俳句査定ランキングです。季題は人気アニメの「君に名は」にも出てくる「冬の新宿駅」です。
 先ず二席は安藤和津さんの句「新宿や口紅あかくイヴの宵」を「新宿や口紅赤くイヴの宵」と漢字に添削のみ。四位は松岡充氏の句「迷い鶫泣けど街行く人知れず」を「雑踏の空や迷える鶫泣く」と添削です。
 一位はフルーツポンチの村上健志の「テーブルに君の丸みのマスクかな」です。良い句と感じています。
 彼は、相当俳句の生活の日々で特待生と推奨されました。
 名人三段の梅沢登美男氏の句「南口君片待つや去年の冬」を「南口君を片待つ冬ありき」と添削で現状維持です。恥と云っていた彼のショックの瞬間です。料理も上手でマルチタレントです。

Dscn3675Dscn3681Dscn3697Dscn3703Dscn3704Dscn3709Dscn3715Dscn3711
 朝ドラの後、真田丸の堺雅人さんが出演されて裏話など心に残るシーン等語っていました。
 先ず最初テーマ曲の最初の出だしのあの印象的なメロディをバイオリンニストの方が弾かれました。
 9時過ぎには其の方も語られるようでしたがオカリナレッスン日ですから残念ですけれど見られません。
 
 真田丸への徳川方の総攻撃のシーンは圧巻でエキストラを沢山使われました。その中には上田の真田丸守る会の方かなり居られ彼らは出演を大喜びされたようです。ちょっと前まで徳川方で真田丸を攻めるエキストラだとはがっかりされるので言えなかったそうです。徳川方が真田丸に攻撃する中には守る会の会長さんも赤丸で記されて坂を攻め上がっておられます。それで堺雅人さんは大笑いされているのです。
 
 心に残るシーンでは上田城を攻めるシーンの時です。徳川軍を挑発する踊りを堺雅人さんが旗を振りながら舞うシーンは上田の歴史資料館での獅子舞を取り入れたそうです。
 当時の戦いはゆとりというかもっと前の源平の時でも那須与一が扇の要を射るシーン等武士としての死に対する美学が有ったようです。武士としての誇り、しかし家族は無事に帰れるかいつも不安でその時代だから耐えることも美徳だったのでしょう。
 「真田丸」幸村の戦場での死が解っていながら悲壮的な感じがしません。戦地での死は誉れで有りました。
 子供達の一部を敵である伊達の家臣の片倉小十郎に託すシーンが有るかどうか楽しみです。
 このドラマの時代考証の一人平山優氏は数回講演を聞きました。三芳町の歴史資料館の館長さんの大学での同級生のコネで時々以前から講演に来られています。早口で背景に詳しくないと大変な速度でした。

Dscn3723Dscn3731Dscn3738Dscn3732
 10時からのオカリナレッスンは御一人の方の御主人がペースメーカーの電池交換でイムス行です。
 ペースメーカー入れて10年位電池は持つそうです。交換となると具体的にどのようにされるか次回にでも又伺ってみましょう。それでゲストルームで二人ですからゆっくり介護の話やご自分が体力が無くなって衰えを感じるなど高齢化への不安等何処も同じ心配の話題です。午後もご主人の咳が有るので肺炎の不安からイムスふじみ野病院行だそうです。大変な状態ですが他人が云う程大変でないと本人は云われています。
 
 今日は我が家は主人の傘寿の誕生会を長女宅に招待されている事は幸せな事だと認識しました。
 それを感謝して心のゆとりを蓄えて、それを困っている身近の方に還元致したいです。

2016年11月24日 (木)

初雪。フロランティーヌ焼く。宅急便。他

Dscn3558Dscn3559
 寒い日と昨日から予測していましたが思いがけないかなりの雪量です。垂れ幕を通してしか撮れません。玄関側もベランダ側も双方垂れ幕ですから雪景色の良い写真は無理です。車の屋根も真っ白ですが。

Dscn3561Dscn3562Dscn3566Dscn3567Dscn3576Dscn3577
 この時期に成りますと焼き菓子の趣味が役に立つことが多く今日も得意の焼き菓子の1つフロランティーヌを焼きました。美味しい柿のお返しが先ず第一です。他にも冷凍して色々にストックしておきます。

Dscn3578Dscn3585Dscn3598Dscn3602Dscn3603Dscn3606
 マンションの脇の公園のベンチに5㎝位積もっています。道路左に折れて直ぐ右の近道に曲がります。
焼き菓子とチーズなどパッキングして近くのクロネコヤマト迄贈りに行きます。ビショビショした雪が結構積もっています。車の上などこんな感じです。クール便で送りました。明後日の午前中届きます。
 コンビニに寄って卵等購入です。越して来た頃はこの場所は単なる駐車場だけでした。孫が小学生の頃暗い感じでちょっと怖い場所でした。我が屋と孫宅と丁度中間の位置にあるコンビニで我が屋にとって有難い本当にコンビニエンスなお店です。歩数計は1649歩でした。雪ですからマア仕方ないです。

«国分寺行。クリスマスカード。ケーキ。チーズ色々。他