2018年6月24日 (日)

14歳のシーズー。日曜美術館。横山大観。良寛さま。他

Img_9537Img_9538Img_9539Img_9540

 長女の都合でリクはお泊り致しましたので早朝に散歩です。時々会うシーズーとミニダックスフンドの二匹を連れたお年寄りと会いました。シーズーはリードをしていません。一四歳だそうです。顔もクシャクシャして歩みも活発でありません。リクは近寄って行きワンちゃんの御挨拶スレスレまでの距離で離れました。
これがお互いの色んな意味での平和を保つ距離感です。リクも11歳半ですから人間で云えば還暦位です。

Img_9541Img_9545Img_9546Img_9552

 シーズーともう一匹のミニダックスフンドはリードで繋がれてお年寄りの女性が樹木から何か獲っているようですが「じゃー」と手を振って別れました。其の方と私の関係性の丁度良い距離感です。

Img_9549Img_9555Img_9556Img_9560

 東中から二本目の住宅街を行くと葡萄棚の隣にいつの間にか住宅のコンクリートの土台が組まれています。以前何だったかと思い浮かびませんが隣の果樹園に青い葡萄がタワワです。柵に伝わってブラックベリーも色瑞ています。住宅の脇の狭庭にミニトマトがの鉢植えが整然と並んでいます。

Img_9572Img_9577Img_9579Img_9580

 木苺が熟れています。蛇口の蛙君、新しい時は楽しんだことでしょうが錆びれた今は別に普通です。
 塵置き場にゴム製の鳥がぶら下っています。これで鴉避けに成るのでしょうか?クロネコヤマトが
出発前、列をなしてスタンバイの形です。そういえば長距離トラックが人材不足の状態です。
 子育ての年齢のママさん運転手の事今朝報じていました。子育ての頃保育園では病気など手助けが無いと気の毒です。国で何とか助けてあげてほしいです。
 私も、長女が子育ての頃此処へ越して来て手助けしたものです。私達が高齢化していますがいざという時は助けてくれる事信じていますが・・・出来るだけ迷惑かけないで頑張りましょう。

Img_9587Img_9594Img_9599Img_9623Img_9638Img_9668

 日曜美術館は横山大観の紹介です。以前の再放送か再編集か解りませんが記憶の画像が多いです。
 水戸生まれ。東京美術学校卒。岡倉天心・橋本雅邦に師事。日本美術院創立に参加、1914年(大正3年)これを再興。没線描法(朦朧体)を試み、墨画にも新境地を開いた。作「生生流転」「夜桜」等。文化勲章。(1868~1958)。吾が電子辞書からです。

Img_9612Img_9616Img_9617Img_9615Img_9621Img_9670

 ロバに乗って居るのが大観です。夏目漱石は横山大観の「蕭々八景」に中国の模写で無く彼のオリジナリティを感じて、新聞記者の時代に大観をこう評しています。
 「一言でいえば、君の絵には気の利いたような間の抜けたような趣が有って・・・大変に巧みな手際を見せると同時に変に無粋な無頓着なところも具えている・・・」と評しています。
 左下は孫の横山隆さんです。大観の硯と墨を紹介されました。
 下の右写真はゲストの作家高橋源一郎氏と職種は書き漏らしましたが女性鶴見かをり女史です。
 手前の二人はいつもの日曜美術館の司会者です。
 大観は二〇連作で当時の50万円(現在数億円)をゲットして陸、海軍に献上しています。
 そのお金で戦争機を四機作られています。
 そういえば岡山の玉野市に居る頃主人の課の方で御自分の実家に横山大観が下宿していた時が有り彼の絵画が有ると云われていた事思い出します。其の奥様に味噌作りを習いました。

Img_9702Img_9710

 アートシーンで禅宗の良寛さまの木彫り像と彼が托鉢した鉢の子です。
三時頃長女がリクを連れに来ました。又火曜日に預ってお泊りさせて欲しいようです。

2018年6月23日 (土)

リク来る。伊左衛門。洋風庭園。鐘三度鳴らす。売店。他

Img_9378Img_9382Img_9385Img_9388Img_9389Img_9392Img_9397Img_9413

 土曜日ですけれど長女はお出かけでリクを預かりお泊りさせます。近隣散歩です。
フレンチブルドッグに遭いましたらリクと同じペッタンコの姿勢で二歳だそうです。リクもペッタンコでワンちゃんの御挨拶が成立しません。ブルドッグの犬種でも気は弱いようです。唐沢公園の樽にはペチュニアが綺麗に咲いています。シルバーのボランティアの方が管理されているのしょうか。それらしい作業服を着た方に時々お会いします。奇特な方は目に見えない加護を賜り良い精神生活を過ごしていらっしゃいます。

Img_9422Img_9423Img_9424Img_9429

 久しぶりにペキニーズのチェリィ君に逢えました。リクは何時もの様に頭を撫でて貰えました。

Img_9437Img_9440Img_9441Img_9442

 管理の行き届いたお宅の花々、気持良くカメラに収めました。話し中の奥様とも会釈の挨拶致します。

Img_9462Img_9477Img_9474Img_9469Img_9471Img_9473Img_9480Img_9493Img_9512Img_9502

 以前からマンションの仲間と約束していましたピザとパスタの店に行きました。
 先週長女と行きました「伊左衛門」です。町長さんの息子さんがナポリで修業されて1年半前に開店されました。窯もナポリから取り寄せられた本場物で赤い薪が勢いよく燃えて雰囲気が出ています。
先週と同じくサラダとスープのスターターで私はペペロンチーネを取りました。唐辛子がよく効いていました。
 食事の後裏庭の見学です。ターシャーチュダーさんを連想する花園です。
鐘は三回鳴らすことを推奨しています。一回目は新田開発の時この土地を開墾されたご先祖様への感謝、二回目は現在の自身の平和と幸せを、三回目は世界平和を込めての祈りです。早速実践致しました。

Img_9520Img_9519Img_9492Img_9524

 帰りはちょっとした売店によって町長さんの奥様にも会う事が出来ました。
 新田開発の時の御先祖様に感謝すべき素敵な御家族に感じています。

2018年6月22日 (金)

夏井いつき女史のプレバト。眼科。内科。薬局。他

Img_9238Img_9242Img_9272Img_9260Img_9251Img_9264Img_9270Img_9279Img_9282Img_9284

 昨夕の俳句プレバト結果です。季題は「紫陽花とバス停の写真」からです。
 一位は女優の「吉本実憂」さんの句「夕立ち晴れ二時間待ちの帰郷シーン」で添削無しです。
 二位はテレントの森公子さんの句「雪国の青き紫陽花バスを待つ」を「紫陽花は雪国の青バスを待つ」と添削です。三位は俳優の田中要次氏の句「田んぼ海四葩の島にバス港」を「田んぼは海紫陽花は島バスは船」と添削です。四位はKis-My-Ft2の二階堂高嗣氏の句「白南風や袖連ねるや故郷へ」を「白南風や祖母の故郷へ袖連ね」と添削です。五位は元TBSアナウンサーの安東弘樹氏の句「夏を告ぐ紫隠して雪の下」を「夏告ぐる紫咲かせたる大地」と添削です。
 特待生昇格試験名人四段のフルーツ・ポンチ村上氏の句「林道の朽ちし廃バス額の花」は現状維持で「林道に廃バス錆色の紫陽花」と添削です。最後は名人八段の梅沢登美男氏の句「曇天に俯く北の濃紫陽花」を「北国の曇天俯く濃紫陽花」添削で現状維持です。

Img_9293Img_9300

 続いての水彩画も二点森公子さんの作品と女優鈴木砂羽さんの作品タレントは多彩な方が多いです。

Img_9305Img_9310Img_9311Img_9315

 三〇分ばかり歩きました。アーティチョークは勢いのある花です。
 葉柄は食用出来てチョーセンアザミとも呼ばれます。花として愛でた方が効果的です。コンビニの一隅に電気自動車の充電機器が置かれています。見たことありませんがこの辺りでも乗られているのでしょうか?

Img_9322Img_9327Img_9328Img_9331Img_9335Img_9330Img_9340Img_9343Img_9344Img_9351

 川越街道迄出ました。此の辺りの歩道は広くゆったり歩けます。並木に樹木の実を結んでいますが名前を知らない野菜や果物、木の実が続いています。何れお世話になる葬祭場が見えています。
 ローズマリー、一本の木から見事に咲いているオレンジ色の百合、知り合いの住宅の庭にキ-ウィが実っています。未だ堅そうです。今日は町の定期健康診断に行きますから早めに帰りましょう。

Img_9358Img_9359Img_9360Img_9363

 先ずは八時半頃迄に二ケ月毎の眼科です。視力検査と眼圧測定、奥の部屋で網膜の写真を撮りました。
異常は無く先ずはホッとしています。待合室で高齢大の知人御夫妻に合い先生の問診まで話せました。
 奥様が白内障の手術を一昨日されて今日は術後の検診で御主人は付き添いです。
 カラオケ部で御一緒でお二人ともベテランの歌い方です。私の広島の姉も今日白内障の手術をすると電話が有りました。一人住まいなので何かと不安の様で手術の様子を尋ねてきました。

Img_9366Img_9369Img_9368Img_9370

 その足で斜め前の主治医の内科に行き町の管理の健康診断もして貰いました。
 尿、血液検査、心電図、体重、身長それと問診が町の経済管理の既定範囲です。
 大阪の姉が十数年前に大腸がんを患いましたので体質が似ていますので大腸癌の検査も500円プラスで致します。 四日以内に持参するように、検便の容器を戴きました。
 薬局は内科のお隣です。距離的に便利で眼科と内科の薬も戴き支払いは一割ですから有難い事です。
 此処では何時も冷たい飲み物で喉を潤します。
 
 そういえば先日の大阪の地震の時、姉が二人大阪にいますから直ぐに電話入れました。
 震度六弱でしたから相当揺れて「怖かった、恐かった」の連発でしたが特に心配する被害は生じていませんでした。親戚中から心配の電話貰ってそれが良かったと暫く後に云って居ました。
 南海トラフの地震が30年以内に起きると予報されていますがどうしようも有りません。

2018年6月21日 (木)

昨夕食メニュー。高齢大体操。班別懇親会の仲間達。他。

Img_9192Img_9222Img_9223Img_9225Img_9224Img_9228

 夕食は軽めにしています。昨夕は野菜のお好み焼きを半量を主たる料理でひじきと干し大根と鶏肉の炒め煮、そして何時もヨーグルト果物は夕食の定番です。

 竹間沢公民館に向かいながら住宅街の庭木を撮ります。薔薇、ブルーベリー、シモツケ草、そして凌霄花が格好よく咲いています。一日花で掃除など丁寧な管理必要です。

Img_9195Img_9196Img_9199Img_9202Img_9203Img_9209Img_9208Img_9204

 今年度の高齢大の担当の方は名誉館長が担当されます。どのように運営なさるか広報として相談しながら作りましょう。体操のインストラクターの先生は毎年同じ方で今日は血流を良くして健康を計る体操で末端部の脱力、小さくゆする、声を出すの三つに力を注ぎます。最初屈んで手を床にどの位まで届くか計ります。
 そして頭を拳骨でこすったり、耳を擦ったり,引っ張ったり、刺激を与え、又足の裏を揉み解します。
 そして床に屈んで手を伸ばすと驚くほど楽に10センチ位は手が床に近づいて伸びています。
背中の肩甲骨も猫背の形から腕を後ろに引いて手をあげると随分以前より楽に上がるように成りました。
 休憩時間10分挟んで一時間半ビッシリ致しました。終了後は班別懇親会があります。

Img_9212Img_9213Img_9218Img_9220

 我々の班には全体の会長も広報もいます。自己紹介は会長から始まり順番に九名(一人欠席)致します。会長さんが謙虚な始まりでしたからスムーズに話が流れました。
 大体の経歴が解って会話がし易くなりました。笑いも絶えず流れて良い始まりの雰囲気です。
 お二人新人が入られて最高齢者は新人の御一人86歳です。
次回は竹間沢小学3年生を招待しての七夕祭りです。28日は役員会、7月2日は草取りボランティア、5日が七夕祭です。ちょっと忙しい時期です。
 お昼のメニューはサンドイッチ、持ち寄りのサラダ、お洒落な新潟の蒲鉾、私の焼いたケーキそして
会長さんサービスの野菜ジュース缶等でした。中々楽しい班別懇親会でした。

2018年6月20日 (水)

梅漬け。ホワイトリカー買いに。梔子の花。福祉教育。他

Img_9110Img_9111

 昨夕長女宅に所用で行きましたらマンション玄関前に向日葵が咲いていました。雨降りの時の向日葵は何処に顔を向けるのでしょう。太陽に向かう筈ですが・・・凛と気持良い風情です。

Img_9118Img_9119Img_9120Img_9124

 南高梅3㎏、漬けるタイミング大事ですから急いでホワイトリカーを早朝ショッピングで求めに行きました。
 昔のNHKのテキストで料理研究家の「いとうむつみ」さんのレシピーによるとホワイトリカーを黴防止に使っています。以前一度黴が発生して黴を取去り梅酢を煮沸消毒して大変な思いを致したことが有ります。
其れで安全な方法でホワイトリカーを注ぎます。塩分も10パーセントが良いのですが安全の為15%です。

Img_9125Img_9128Img_9132Img_9137

 10時半迄に竹間沢公民館に行きます。途中大輪の紫陽花、梔子、柏葉紫陽花を撮りながら進みます。
そして二条通りのシェットランド犬の大輔くん老犬ですから此の頃殆ど眠っています。
 竹間沢小学校での傾聴ボランティアグループなごみと福祉教育ボランティア学習推進委員との共催での福祉教育への参列の為です。
 グループに分かれて生徒さん達からの質問を受けます。昔の暮らし方や学校や今の生活や自身について等です。以前も参加した経験が有りますので子供達が大人しいので楽しい時間が過ごせるよう此方が主体性を持ってしまいました。写真はあまりはっきりしたものは禁止されていますのでブログには掲載を少し控えます。一緒にグループで写真を撮りましたもの掲載したいのですが。七夕祭りの時手渡しできるでしょう。

Img_9144Img_9148Img_9150Img_9156

 竹間沢公民館に先ず集合です。高齢大生は11名の参加です。
 竹間沢小学校では、最初と最後、図書室で全員で挨拶など致し我々グループは音楽室に移りました。
 12時から最初の部屋に集まり感想等述べました。高齢大生は全員指名されて答えました。
 学校側は教育の一環としての取り組みで校長先生の最期の挨拶で趣旨がよく理解出来ました。
 次回はもっとテーマに沿って参加する意識を高めましょう。有意義な時間であったと感じています。

2018年6月19日 (火)

朝練。夏木立。親芋。蛍袋。梅干し。他

Img_9051Img_9055Img_9063Img_9066Img_9073Img_9075

 今日は梅雨晴れ間のお天気で28度Cに上がります。朝歩きは唐沢小学校の学校林方面です。
7時半頃の今日、東中では朝練のランニングかなりの女生徒が走っています。
 唐沢小学校の脇道に折れて進みますと学校ファームと書かれた白い看板が建てられています。
林の小径に木漏れ日が縞模様を作り句心が浮かびます。
 「夏草や日の当たりたる森彼方」「深緑の木漏れ日小径縞模様」「夏の朝甥が歯医者と擦れ違う」「夏草の刈られた束に芋転ぶ」「朝練の掛け声響く梅雨晴れ間」ハイ5句です。
 此の里芋を粉にして石坂産業はパウンドケーキを作り800円で売っていました。
 普通役に立たないと思われるものを再利用する発想が凄いです。

Img_9079Img_9077Img_9081Img_9082Img_9084Img_9089

 森を抜けてUターンしました。桜の並木から網の柵越しに藤久保中学校舎に太陽が一杯です。
 暑い日に成りそうです。ワンちゃんと擦れ違いました。話し掛けるチャンスを見出せませんでした。
 何時も私の朝歩きの時間は登校時ですから小学生の幾つもののグループに行き違います。

 ホタルブクロが東中の裏道の石垣と柵の段差に咲いていました。
 キキョウ科の多年草。原野、路傍などに自生し、高さ30~50cm。
 夏茎頂に淡紫色の大きな鐘形花を数個下垂、その様が提灯(火垂る)に似る。
 山地の物は紅紫色をおびる。若菜は食用。花筒に蛍を入れると云うのは俗説。

Img_9099Img_9102Img_9105Img_9100

 お隣で昨年の梅干しを一瓶程戴きました。丁度生協に南高梅を注文していました3㎏が届きました。
一番多い時は40kg位漬けたこともあります。もうきついですし趣味程度です。
 早速水に浸けて梅の毒を抜きます。塩が足りませんから買って来て今夜でも塩漬けに致しましょう。
次女と友人が待っている事でしょう。赤紫蘇もタイミングよく入れて漬かったのちにユカリに致しましょう。
 梅仕事は健康作り少しですが丁寧に作りましょう。
今年初物の枇杷が生協から届きました。夕食のデザートに楽しみましょう。梅雨晴れ間が続いています。

2018年6月18日 (月)

国分寺行。アンデルセンで。成城石井。スターバックス。他

Img_8977Img_8981Img_8982Img_8985
Img_8989Img_8988_3

 国分寺です。私も運転の勘を鈍らせない為に、何時も往路の新座まで運転します。
 高齢者の事故が多発していますから自分自身に何時までできるか次回の更新時迄は出来ると感じています。何時も保育園児らしいグループに駅前広場で遭遇いたします。黄色い帽子の後ろ側が首筋まで下がって日焼け防止のデザインなのでしょう。アンデルセンでは自宅用には黒っぽい雑穀入りを買っています。

Img_8994Img_8998

 久しぶりに花屋さんカサブランカの強い香りを嗅ぎながら鮮やかな黄色の姫向日葵も掲載です。

Img_8993Img_8992_3

 成城石井で我が町ではない品を選びます。お豆腐も三野助、プルーンや木の実等購入して今日は新ビルのスターバックスで読書しながら次女を待ちます。色々問題も生じて相談兼ねて語る内容は多いです。

Img_9007_2Img_9008Img_9010Img_9013Img_9015Img_9025Img_9034Img_9035

 今日は昨夜の睡眠状態が良く無く体調も芳しくありません。次女宅までは行かず国分寺駅で別れます。
 新座まで迎えに来る主人も81歳で運転など心配です。
人生経年と共に色んな事も生じてその時その時で最善を尽くすほかありません。
 改札前も比較的人々の流れが少なく感じた日でした。健康管理に気を付けながら幸麗者でありましょう。

2018年6月17日 (日)

NHK俳句。星野高士。日曜美術館。伊左衛門。コンサート。他

Img_8661Img_8670Img_8667Img_8672

 今日のNHK俳句の選者は「星野高士」氏です。ゲストは漫画家、音楽家でもある久住昌之氏で司会は女優の「戸田菜穂」さんです。兼題は「夏料理」です。
 冒頭に選者の祖母に当られる、星野立子さんの句「美しき緑走れり夏料理」の紹介です。

Img_8676Img_8663

 選者の祖母、星野立子さんの父親は高浜虚子で家族の会話を音声で紹介もされました。
 ゲストの久住昌之さんの漫画「孤独のグルメ」を出版されて紹介されました。

Img_8700Img_8699Img_8698Img_8696Img_8705Img_8706Img_8711Img_8708

 選者の一席は「空気まであをあをとして夏料理」です。二席は「黒髪をするりと束ね夏料理」です。
 三席は「水音に京言葉添え夏料理」です。ゲストの好きな句は五番「水を褒め酒を称えて夏料理」で戸田菜穂さんの好きな句は二番で二席となった句でした。選者の八月放送の兼題は「秋蝶」で7月10日締めです。

Img_8728Img_8726Img_8747Img_8777Img_8811Img_8812Img_8861Img_8769

 日曜美術館は外国人の好きな美術館を3人のゲストなどにより紹介されました。特にフランス人のソフィ・リチャードさんが原美術館(品川)、足立美術館(島根県)、根津美術館(南青山)、手銭記念館(出雲)等に行かれての体験そしてパンツェッタ・ジェラーモ(イタリア人)、ロバート・キャンベル(国文学研究資料館長)のゲストによる解説など日本文化に造詣深く司会者の作家小野正嗣氏は感激していました。

Img_8874Img_8891Img_8899Img_8906Img_8913Img_8923Img_8941Img_8950Img_8951Img_8952Img_8976Img_8949

 長女が知人から手に入れた所沢のミューズコンサートホールに行く途中イタリア料理の「伊左衛門」で昼食を取りました。伊左衛門とは柳沢吉保の新田開発の時代に今の町長さんの御先祖様が最初に開発して得た土地、その初代の方の名前です。イタリアらしくない名前のルーツが解りました。素敵です。
 日曜日でもあってかなり混んでいましたので、順番の名前を書いて待つ間にレストランの奥のガーデンに足を延ばしました。驚いたことにターシャーチューダーさんの世界です。
 ご先祖様が開墾して得た広い土地に、息子さんがイタリアに行ってイタリア料理を習いお店をオープンしています。代々、努力して行く生活態度が冨のスパイラルを産みだしていく素晴らしい家族に感じました。
 従業員もかなりの数で凄い繁盛ぶりですし美味しい料理でした。ピアノも置かれてコンサートなどもあるようです。努力すれば報われる生活、庭の花々も外国風でトイレもアイルランドのホテルと同じ感じでした。

Img_8962Img_8964Img_8966Img_8972Img_8968Img_8975_2

 ミューズ開演は3時ですが開場少し前に行くと凄い行列でした。所沢フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏でチャイコフスキーとラフマニノフの演奏曲でした。
指揮者とヴァイオリンの方はかなりの経歴の方ですが楽団の方は一般募集でかなりの練習されています。
 長女はラフマニノフを此の頃車で良く聞いて好きだそうです。
 帰りウニクスでショッピングしましたら6時過ぎて夕食はサンドイッチとヨーグルトで軽く終えました。

2018年6月16日 (土)

西瓜ゴロゴロ。イヌタデ。近隣の花々。葡萄棚。家猫。他

Img_8589Img_8591Img_8592Img_8595Img_8598Img_8601

 最高気温18度との予報で薄寒いです。傘を差して健康維持の為30分程歩きます。
 ショートカットの戸建て住宅の道から西瓜畑を撮ります。小さい西瓜がゴロゴロ転がっています。
 23件戸建ての道を通過させてもらいます。殆どの庭に山法師が植えられて花(苞?)の中に実を付けています。通過して道路に突き当たった所の空き地はイヌタデの花が群生しています。

Img_8604Img_8605Img_8607Img_8613Img_8614Img_8619

 住宅の道を出て、駅方面に向かいます。アマリリスでしょうか真っ赤な百合が緑の中で際立っています。
 カラオケ小屋の塀に葡萄房が垂れ下がり葡萄棚に続いています。
 中から女性の声がして、お二人出て来ました。私も以前写真撮っていると此の場所でオジサンが出て来てカラオケ小屋の入り口まで案内してくれて、中を見せてもらいました。思いがけずカラオケの道具や簡単な家具等が綺麗に揃ってお茶なども出せるようになっていました。近郷近在の友人達集めて歌うのでしょう。
 半夏生が群生していました。名前のごとく葉が半分白いです。

Img_8625Img_8627

 少し歩いて戸建ての門塀の中を見ますと猫がこちらを見ています。家で飼われている感じです。
何か言いたそうですが玄関口ですから遠慮して過ぎ去ります。

Img_8629Img_8631Img_8633Img_8635Img_8637Img_8641

 目につく物を撮りながら進みます。山桜桃梅、オオデマリ、インゲン、薊2種です。
 林の下草が刈られて管理してる方が居るようです。
 気持ちの良いオゾンを発生させてくれる場所ですが俳句の仲間が「痴漢の森」と呼んでいました。

Img_8650Img_8652Img_8656Img_8660

 野菜小屋には雨の所為か野菜は置かれていません。鎌倉街道を東中学に添って家方面に帰ります。
我がマンションに帰って来ました。モダンなエントランスで1枚撮ります。歩数は2850歩でした。

2018年6月15日 (金)

昨夜のプレバト。朝散歩。アーティチョーク。他

Img_8489Img_8510Img_8486Img_8490Img_8503Img_8487Img_8498Img_8508

 昨夜の夏井いつき先生の俳句のプレバト結果です。一位は俳優の別所哲也氏の句「追憶やつま先濡らす走り梅雨」で添削無しです。二位は横澤夏子さんの句「傘閉じて路面に沈む梅雨夕焼」を「外つ国や路面に沈む梅雨夕焼」と添削です。
 三位は片岡鶴太郎氏の句「雨の夕麻布育ちか雨蛙」を「夕ぐれの雨の麻布の雨蛙」と添削です。四位は女優藤真利子さんの句「赤信号驟雨にまぎれ奪ふ唇」を「唇を奪う驟雨の赤信号」と添削です。
 五位は原文を取り損ねましが柳ゆり菜さんの句「五月雨や見慣れた帰路や別世界」を「五月雨や見慣れぬもののように帰路」と添削です。

Img_8514Img_8517Img_8519Img_8520

 特待生一級の中田喜子さんの句「白線や蟾へばりつく雨後の夜」を「白線や蟾みじろがぬ雨後の夜」と添削です。現状維持でした。次は特待生一級のKis-My-Ft2千賀氏の句「出水深し街路をのぼる青き魚」鯖のつもりです。これも現状維持で「大出水の街路濁水跳ねる鰡(ぼら)」と添削されました。

Img_8523Img_8532Img_8538Img_8540

 今朝雨の降らないうちに印刷会社コースを歩きました。紫陽花、梅、派手な車、そして野菜と花の無人小屋です。この裏に今アーティチョークが咲いていました。

Img_8542Img_8545Img_8547Img_8570Img_8579Img_8574

 アーティチョークはトルコで売られていて僅かな部分しか食せませんがスプーンでこそげるようにしてマヨネーズつけて食べました。ホクホクして食感はお芋に似ていました。凌霄花が咲きはじめています。
オレンジ色の百合も逞しい力強さで咲いていました。「木に巻いて凌霄花華やかに」頼って生きても美しい生き方を教えてくれました。「咲く百合は力漲り門に立つ」凌霄花と対照的な咲き方です。

«早朝ショッピング。パインケーキ焼く。班別懇親会用サンドイッチ。他