2017年10月23日 (月)

スーパーへ。フロランティーヌ焼く。ニラタマ。カラオケ。他

Img_6980Img_6984Img_6987Img_6998

 お菓子作りに足りないものが出て来ました。近くのスーパーに又早朝ショッピングです。
今現在、西側の山際が晴れかけています。中心は東京辺りでもこの辺りは穏やかな感じで台風一過の青空が望めます。杜鵑がシュークリーム屋の花壇にひっそり咲いていました。

Img_7001Img_7004

 スーパーの駐車場には台風の雨で水溜りが出来て足許に気を付けながら歩きます。
 卵とブルーベリーの黒酢が買い物の主なる品です。麺つゆは便利でよく使います。

Img_7009Img_7017Img_7011Img_7013Img_7014Img_7021

 健康食品の梅、紫蘇漬け、生姜を又お隣さんから戴きました。「梅干要る?」と尋ねられ「要る」と即答です。紫蘇も沢山あるので希望すれば追加も戴けそうです。かなりツーカーに成って来ています。
 自分も3キロ漬けましたが次女や友人にあげて少なくなっています。人の出来栄えと比較してみましょう。
 韮が有りましたので久しぶりにニラタマを作りました。色合いも良く美味しい副食です。
冷凍のお菓子が無くなりましたのでフロランティーヌを焼きます。私の得意菓子の1品です。

Img_7027Img_7029Img_7048Img_7035Img_7039Img_7049Img_7043Img_7045Img_7047Img_7052Img_7057Img_7055

 午後は高齢大のカラオケです。皆さんお上手で歌い馴れています。私は初めてに近いのでレパートリーが殆ど無く新曲に挑戦しても上手くいきません。気分転換に行っていますが馴れた人達が優先されてちょっと軽くは考えられません。これは継続に自分で疑問が生じています。又考えましょう。

2017年10月22日 (日)

立山。日曜美術館。京都国立博物館。安藤忠雄。他

Img_6789Img_6791Img_6792Img_6795Img_6799Img_6800

 立山は富山の南東部、北アルプスの北西端に連なる連峰。標高3003メートルの雄山を中心とし北に大汝(おおなんじ)山(3015メートル)南に浄土山が屹立。剣岳・薬師岳などと立山連峰をなす。
 雄山山頂には雄山神社がある。日本三霊山(富士山、白山、立山)の一つ。
 室堂平は富山県東部、立山の西方直下にある溶岩台地で立山黒部アルペンルートの拠点である。
 水蒸気爆発によってミクリガ池が出来て室堂平に四季折々美しい神秘的な景観をなしています。

Img_6822_2Img_6827Img_6830Img_6831

 氷河の流れた後は圏谷カールのU字型で湿地帯として残されています。
 ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約の通称)によっての日本最高値にある湿地(弥陀ヶ原)は守られています。
 景観がスイスのアルプスに似ているために「北アルプス」と命名されました。持参されたスイスアルプスの写真は本当にそっくりでした。
その後番組の一行は日本一落差(450m)のある滝(称名滝)や北アルプスが生んだ扇状地を訪れました。

 第四日曜日のEテレの六時三五分俳句時間帯は若者向けの俳句さくさくで主婦業しながら眺めているだけで集中していません。

Img_6835Img_6839Img_6844Img_6850Img_6855Img_6868Img_6878Img_6895

 今京都の国立博物館で国宝美術工芸展885点を展示しています。番組では内側に光を当てると銀河系を持つ幻の陶器、平安時代の大日如来坐像、普賢菩薩、縄文のビーナスと称される土偶四点、吉祥天女、釈迦の涅槃図、研究員や学芸員の方の素晴らしい説明も私の編集が追いつきませんが・・・

Img_6897Img_6912Img_6915Img_6917Img_6923Img_6947Img_6935Img_6945

 番組は今までこの時間帯で放映した記憶のある作品も随分ありました。
 地獄図(源信の往生要集からか?)、源頼朝図、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」、雪舟の絵三点等放映される番組の影像をキチンと順序立てて掲載は難しいですから吾がカメラにあるこれはと思う国宝を選びました。雪舟の絵は国宝に六点もあります。狩野、俵屋、尾形と名だたる巨匠も三点選ばれているだけです。

Img_6967Img_6968

 アートシーンは建築家安藤忠雄氏の建造物を紹介です。高校卒で東大教授となった彼は実力で数々の建造物を残しています。最初の頃パテオを狭い場所に作ったため民家の方がトイレに行くのに傘が必要という建物を作ったり、実質的に便利さよりも建物に宇宙を作りたいと、のたまわり普通の民家は無理です。

2017年10月21日 (土)

早朝ショッピング。ユッカ。揚げ物。他

Img_6751Img_6754Img_6759Img_6760

 生協だけでは足りない食料品が出て来ます。勢力の強い台風も近づいてきています。
 傘を差して24時間営業の5分の距離にあるスーパーまで行ってきました。足元の溝に雑草の生命力凄いです。見方によってはアーティストは若緑色を美しく感じるでしょう。
 鶏腿肉の1キロ入りのお得な物が主なる目的です。ついでに二人暮らしとはいえ生活必需品が出て来ます。ユッカの蕾が出ています。近日中に見事な白い花を咲かせてくれるでしょう。
 リュウゼツラン科のイトラン属植物。先端に針のある葉を密生する常緑低木。北アメリカ、西インド諸島に約40種。観葉植物のユッカ類は葉が細長く大きく厚く、白粉を帯びる。初夏から秋に巨大な花序を生じ白色六弁の鐘形花を多数開く。庭園等に植栽。キミガヨラン・イトランが普通。

Img_6761Img_6763Img_6764Img_6768

 このスーパーの敷地内に精米所があります。1度使いましたが充分使い方を読んで玄米を入れないと受ける箇所で溢してしまいます。馴れると単純ですが・・・入り口に焼き芋器が置かれています。小振りですが甘くてねっとりして美味しいお芋です。時々買って朝のお皿に並べます。主人は芋類一切駄目ですが・・・
ワインを飲む人はポリフェノール(Polyphenol)の抗酸化物質の働きで寿命が長いようです。
 其の内夜少々常飲しようかと他に害が無いか調べてから始めましょう。

Img_6772Img_6776Img_6777Img_6780Img_6785Img_6782

 鶏腿肉は直ぐに空揚げ用と丼用と煮物用に分けて冷凍いたします。生協の子持ち鰈は解凍して小麦粉塗して揚げ煮にしますと凄く美味しくて魚独特の臭みも有りません。戴いた新米と昼食に致しました。ついでに夜用のおでんの大根茹でて薄味の出し汁で煮ておきます。午後の時間有効に使えて昼寝も出来ます。

PhotoMoon

 雨の為ブログ材量が少ないです。マイピクチャーから最後にリクちゃんと次女作の編みぐるみです。

2017年10月20日 (金)

俳句プレバト。綱引き。オカリナDVD。ジョナサンで友人と。他

Img_6697Img_6715Img_6698Img_6707Img_6702Img_6712_2Img_6723Img_6724

 昨夜の俳句のプレバトです。季題は「綱引き」。
 一位は武井壮氏の句「子らの引く綱の雄々しく匂ひけり」で添削無しです。
 二位は波多野久里子さんの句「走り終えサンダル探す運動会」でこれも添削無しです。
 三位はKis-my-ft2宮田俊哉氏の句「力む手と火薬の匂いの運動会」で「力む手に火薬の匂う運動会」と添削です。四位は麒麟の川島明氏の句「母の愛ひじきを笑うな赤とんぼ」を「弁当のひじき笑うな赤蜻蛉」と添削です。五位は鈴木亜美さんの句「金色の在りし日思う悔し泣き」を「夕暮れや運動会の悔し泣き」と添削です。季語が無いですし具体性に欠けると酷評でした。
 最後に特待生東国原英夫氏の句「運動会テントの中の車椅子」を雑だとけなされて「運動会テントに小さき車椅子」或いは「運動会のテントポツンと車椅子)と添削で現状維持の名人4段でした。

Img_6727Img_6729Img_6733Img_6730

 先日一〇月一日の杉並公会堂の写真とDVDが送られて来ました。早速パソコンで聞いてみました。
全体合奏は弦楽器ばかりの中、オカリナは目立ちます。音域が無い曲目でしたのでオクターブ自分で上げ下げ致しましたがハーモニーとして違和感は無く合奏に出られて良かったですし思い出に成ります。

Img_6736Img_6738Img_6740Img_6742Img_6745Img_6747

 久しぶりに赤羽の親友とみずほ台のジョナサンで会いました。上野の美術館で会う事が多いですが今日は朝霞の丸沼美術館でワイエス展を見るつもりでしたが雨の為レストランだけに致しました。
 私はオムライスシチューで彼女はベジタブルカレーです。これにドリンクが付き11時から3時過ぎまで喋りました。沼袋社宅時代の子供が幼稚園時代から四五年位続いてツウ・カーですから少々の小競り合いが有っても直ぐ修復して大切に感じています。
 新聞の俳句の切り抜きを何時も取って措いてくれて勉強に成ります。専用のノートに貼っています。
 手作りの美しいスカーフもお土産でした。
 首に二重に巻きましょう。私は梅仕事の諸々とフロランティーヌと蕎麦の実を御土産に渡しました。
今度は上野で会いましょうと別れました。そこは美術館が多いので良き物選択出来ます。
郵便局に寄って帰っていると以前の歴史研究会の仲間に会いちょっと共通の知人の話です。

 柿が塀越しに見えます。シーズーとマルチーズ(一四歳)ワンちゃんの散歩に何組かに出合いました。

2017年10月19日 (木)

高齢大学。老いて学ぶ楽しさを~。近隣。他

Img_6632Img_6638Img_6639Img_6646

 10時少し前から高齢大学が始まります。近い裏道を通りますと倉庫業の下請けの様な工場が並んでいます。駅前からの道の横断歩道の斜め前のインク会社の壁面はモダンな模様で目を惹きます。
少し歩くと工場の敷地の庭に柘榴が成っています。住宅の狭庭に杜鵑が咲いていました。
 数年前頃、歴史の勉強会に行っている頃お仲間に庭に咲いた杜鵑を紙に包んで戴いたことが有ります。
この花地味なようでお洒落な感じで大好きな花です。「恙なしや杜鵑賜りし人」句跨りで1句です。

Img_6648Img_6653

 シェットランドの大輔君の顔を見たくて彼お宅の通りを通過です。起きていました。
 声を掛けるとやおら起き上がり近づいてきます。高齢ですから目がすっきりしなく哀れを誘います。

Img_6657Img_6655Img_6661Img_6663

公民館への道筋を撮りながら行きます。又杜鵑草が咲いていました。公民館の木々も紅葉しています。

Img_6667Img_6669Img_6671Img_6670

 今日の授業は歴史講座「地域を知る」で講師は歴史民俗資料館の学芸員中村さんでした。
この方は以前古民家島田邸のボランティアの時少し存じ上げている人です。

 スライドで示しながらの講座でした。本日の講座で一番印象に残ったのは業平塚のことが理解できた事です。以前から平林寺に行った時奥の方に「在原業平の塚」の存在を何故ここに?と不思議に思っていました。謎が解りました。此の辺りに滞在したようです。又詳しい事は調べましょう。

 在原業平は平安初期の歌人。六歌仙、三六歌仙の一人。阿保親王の第5子。世に在五中将・在中将という。「伊勢物語」の主人公と混同され伝説化して容姿端麗、放縦不羈、情熱的な和歌の名手、色好みの典型的美男とされ、能楽や歌舞伎・浄瑠璃の題材ともなる。放縦さに都に居られなくなり東北方面に行く途中この辺りに滞在したそうです。
 三芳野は彼に因んだ名前の様ですが話が混同して鮮明には覚えていません。
次回の二六日は歴史民俗資料館から竹間沢の地域を歩く内容です。靴と服装に気を付けましょう。

Img_6678Img_6673Img_6680Img_6686

 最後に広報係から予めメイルで「こぶし野原稿募集」を担当者に送っていましたもの、人数分刷って貰っていました。それを皆さんに読み上げお願いいたしました。沢山書いてくださいますように・・・
 12時まで掛かり、雨の中往復とも歩きです。吾がマンションの西側方向からの全景です。

2017年10月18日 (水)

リクと朝散歩。福祉教育ボランティア講座参加。ガイドヘルプ体験。他

Img_6523Img_6526Img_6532Img_6533

 久しぶりの青空です。リクを預かりに長女宅に向かいます。金木犀が心地よい香りを漂わせています。
 二三軒戸建ては10月末で完成予定と伺っていますが外観は略出来ている感じです。
隣のイワキの研究所は工事酣です。敷地にかなりのパーセンテージ締めての大きな建物です。

Img_6538Img_6543Img_6545Img_6549

 リクを預かり青空の下進むと「おはようございます」と面白いイントネーションで擦れ違いざまグレーのフード付のジャケット着た自転車の青年に挨拶されこちらも大きな声で答えました。
 アフリカ系の黒い人でした。此の辺りにも国際色豊かになって来ました。リクはマーキングしきりです。

Img_6557Img_6567Img_6571Img_6562Img_6574Img_6573

 唐沢公園にはお掃除してる高齢者の方が元気よく挨拶してくれました。早朝の青空が長い濃い影を作っています。サルビアの木桶をリクは何時も舐めています。その舌で貌をよく舐められます・・・

Img_6610Img_6600Img_6611Img_6612

 10時から福祉教育ボランティアの講義を進められて藤久保公民館まで車で行き参加致しました。
 三芳町の福祉課の課長さんが30分位挨拶されてその後埼玉大学の教育学部の川村美穂先生の講演です。お茶大の家政科出身で調理実習が専門で高校の先生でした。
 御自分の長女が知的障害児として生まれそのことから大学院にも行かれて福祉教育を勉強されました。其のお子さんは現在29歳で育てながら10年位で愛せるようになったそうです。今はその子が話題の中心となり家族全員が見守って存在が有難いそうです。26歳の御子息さんの方は留学もされて順調のようです。
 マイナス要因をプラスに転換されてテレビなどにも出演されたようです。話しが解りよく体験で得たものは強く説得力があります。Welfareで無くWell-beingと、より良い状態を目差しています。
 三芳町は町長さん初め福祉教育に力を入れています事感じて誉めておられました。福祉教育は心を育てます。私も登録して出られるときに無理しなく参加致しましょう周りの方がとても健全でした。

Img_6614Img_6619Img_6622Img_6629

 昼食はハーモニー(役場のレストランで身体障害者も使っています)の弁当(500円)した。
 午後は盲目の人を引率して近くのマミーマート(スーパー)迄行って買い物する体験です。
 アイマスクと白いステッキを持ち二人一組で交代に歩きました。手を引かれても怖く五体満足がどれだけ有難いか、それだけでも刺激一杯です。最後にトップだろうと思われる方の爽やかな挨拶で終了です。
 25日も有りますがみずえの会がその日水曜日となって此処には来られませんが又是非来たいです。
 周囲の方との良い会話がそうさせています。3時迄でした。リクが狂喜する如く迎えてくれました。

2017年10月17日 (火)

期日前投票に。ホームセンター。ヘアーカット。記帳など。他

Img_6483Img_6489Img_6520Img_6521Img_6491Img_6481_2

 テルミドールはグリルで5~6分焼いただけで昨日より美味しく感じました。ホワイトソースがさっぱりとした味で自分が作ると濃厚な味に成ります。手頃な値段でこれは国分寺だからこそです。
此処までスーパーで作って売っているのは良いか悪いか判定できかねます。アイルランドのレストランでロブスターの同じような料理を食べましたが高級品でした。

 オカリナレッスン済ませて車で役場まで期日前投票に行きました。
 22日は主人の運転免許の高齢者講習があります。ついでに私も済ませました。
 最高裁判所裁判官国民審査もあり審査も何もさっぱりわからない世界の方です。
 どうして我々が審査致すのでしょう?又自分への宿題です。

Img_6497Img_6501_2Img_6504Img_6506

 車で出たついでにホームセンターで蛍光灯のサ―クラインとA4コピー用紙等諸々雑貨購入です。
 此処はお店のオリジナル商品があり全般的に安価の様です。
 車で銀行や美容院の近くまで送って貰い後は健康兼ねて傘を差して歩きました。
目的の美容院は火曜日は休日だった事気付きませんでした。
 その場合は近くの1,000円カットに行きます。結構上手で対応の会話も満足できる女性でした。

Img_6509Img_6511Img_6517Img_6518

 主婦は所用が多いです。銀行で引き出して後はもう1つの口座の記帳、そして郵便局も記帳です。
ドラッグに寄りました。リクのオヤツ等購入、午前中確り雑用に追われてしまいました。
午後は生協が来ますから結構時間取られます。次回の注文もパンフレット見ながら済ませます。

2017年10月16日 (月)

 南高梅の梅干し。国分寺行。海老のテルミドール。他

KameImg_6381
 
 七月末に三日三晩ベランダで干した梅干しを甕に入れて熟成させていました。次女宅に少々お裾分けです。高齢に成りましたので以前のように沢山は作りません。純粋の梅と塩だけですから次女は大喜びです。

Img_6386Img_6389Img_6393Img_6391

 国分寺に九時四五分頃着きました。パン屋さんのアンデルセンは10時前でも開いています。
何時も先ずは此処に入って二軒分美味しそうなパンを多目に買います。
 奥で形成とオーブンで焼いているらしい様子が垣間見られます。「ハイ焼き上がり!」とフランスパンの長いのを金網の中に入れていました。美味しそうなパンの新鮮な香は当に幸福な気持ちにしてくれます。

Img_6414Img_6410Img_6416Img_6417

 アンデルセンから大体はサンクゼールか成城石井に行きます。成城石井は今日、スミルナのドライ無花果がトップに出されています。此処のお店は品質が良くて商品見ながら選ぶのが非常に楽しい時間です。
花屋さんはハローウインの南瓜が出ています。橙色の南瓜は食せるのでしょうか?5、400円も致します。
 娘達が子供の頃南瓜をくりぬいてローソクを灯して遊んだものです。そういう事が非常に好きでした。

Img_6427Img_6428Img_6423Img_6424

 成城石井からエスカレーターで二階に上がりタリーズまでの道順、目の保養しながら撮りました。

Img_6434Img_6437Img_6440Img_6441

 次女を待つ間フレッシュジュース飲みながら「坂の上の雲」を読みます。司馬遼太郎は一時期次々読みました。大体幕末から明治維新の時代の物が多いです。「竜馬が行く」もシリーズで何巻だったか憧れながら読んだものです。「街道を行く」シリーズのアイルランド編は短い滞在で二冊も出していますが私はアイルランド滞在中に読んで大雑把な書き方ですから小さなエッと思う箇所を見つけたものです。
 次女と六階まで上がり下着やダウンチョッキ購入です。下着と寝巻はユニクロに限ります。

Img_6452Img_6460Img_6463Img_6461

 次女宅で食事中にIpadでのテレビの録画の「中原中也」を見ました。
太宰治の娘の太田治子さんが彼について述べていました。
中也は小林秀雄に恋人取られてボロボロになったようです。
 中也は山口県生まれ。東京外語専修科終了。小林秀雄らとの交友を通してランボー・ヴェルレーヌの影響を受け、生の倦怠を鮮烈に詩作化。詩集「山羊の歌」「在りし日の歌」三〇歳で亡くなっています。

Img_6471Img_6474Img_6477Img_6480

 帰路、道端の森を伐採して小型トラックに積み込んでいました。三時〇六分武蔵野線で家路に着きました。
 夕食に海老の「テルミドール」なるもの見た目よりさっぱりして買い損ではありませんでした。

2017年10月15日 (日)

黒部ダム。NHK俳句。日曜美術館。運慶。重源像。他

Img_6123Img_6132Img_6134Img_6149_2Img_6156Img_6158Img_6160_2Img_6179_2

 先週に引き続きブラタモリの黒部ダムを見ました。戦後の経済復興によって電力不足が生じ、地形的に絶好の黒部が選択されました。延べ人数1,000万人、7年間、513億の公費で完成されました。
 高低差は1、450メートルです。途中破砕帯という冷たい水の湧く難所に苦労致しました。
 私は見ていませんが映画にもなりました。ダムのある北アルプス直下はマグマがあり熱せられて柔らかくなった場所を双方からのプレートに押された隆起が出来それが北アルプス等なのです。
 厚地のチョコレート板をアルコールランプで熱して柔らかくして左右から板で押しますと隆起が出来ます。
解り易い黒部ダム地形の出来る過程を時間超短縮で示してくれました。
 落差の中央に出るトンネルに入り外の瀑布真中辺りに出られるルートがあります。
 案内人は目的地を示さないでそこに行きました。その圧倒的な壮大な光景には二人とも興奮していました。自然との闘いの中、ダム作りの地形として最高の場所に完成させた素晴らしい叡智です。

Img_6198Img_6193_2Img_6194_2Img_6202Img_6203Img_6196

 NHK今日の俳句第3週の選者は夏井いつき先生。ゲストは鳥害用品問屋経営の花岡俊夫氏で司会は岸本葉子さん、兼題は「鳥威(とりおど)し」です。
 持参された目玉模様の「鳥威し」について花岡氏の説明です。目玉模様の翅の蝶々が羽を広げても捕食されない事からヒントを得て「鳥威し」を作って実験しましたら鳥が逃げた事から始まりました。
 昔の「鳥威し」は農家の女性が鳥が来ると糸を引いて鳴子の音を立てて脅している図です。
早朝に鳥は来ますが風が無いと鳴子は成りません。人の力も要ります。
 黒い糸は鳥は羽が命ですからこの糸で羽を傷めることを恐れて近寄らないのです。
 センサーを八方に広げて商品開発をされています。

Img_6222Img_6221Img_6220Img_6217

 あらかじめ九句程選ばれています。その中から夏井先生の選、一席は「月明に縊(くび)られ垂るる鳥威し」。二席は「命中のやうな銃声鳥威し」。三席は「はるか原子炉カラカラカラカラ鳥威し」。字余りの様です。

Img_6225Img_6226

 12月の兼題は「クリスマス」です。「涙する物語なしクリスマス」子供の頃マッチ売りの少女を読んで泣いた物ですがこの頃はリッチでこんな話も関心抱かれているかどうか・・・

Img_6236Img_6238Img_6232Img_6234

 日曜美術館は運慶です。左上は彼の息子の作品の「運慶」です。時代背景は平安末期源平の合戦の頃です。其れまでは仏師の作る仏像は穏やかな相でしたが時代に反映して命のある生々しい人間に近い像を運慶の特徴としています。阿吽の像は最初と最後。密教では「阿」を万物の根源、「吽」を一切が帰着する智徳とする。一方は口を開き、他方は口を閉じる。運慶作です。

Img_6265Img_6268Img_6284Img_6288Img_6291Img_6292Img_6294Img_6295Img_6296Img_6328

 運慶作を羅列しました。「在所」や「謂れ」は編集するにはテレビの放映だけでは困難でした。
 最後の右端の重源像は平家の「南都焼き討ち」で東大寺や興福寺が焼けました。
其の復興の立役者(大勧進)が重源です。彼は各地に念仏道場を開いて不断念仏を興しました。
 (1121~1206)。

2017年10月14日 (土)

聖徳太子。お札の画像は?仏教の講義開く。近隣の花。他

Img_6002Img_6004Img_6007Img_6009Img_6023Img_6029Img_6050Img_6056

 NHKのヒストリアは聖徳太子についてでした。私も以前黒岩重伍の文庫本を受講中の歴史のお仲間の方から借りて4巻全部読みました。なぞの部分も多く伝説が含まれています。お札の絵は笏を持っています。

 用明天皇の皇子で母は穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇后です。名は厩戸(うまやど)。
 厩戸王、豊聡耳(とよとみみ)皇子・法大王・上宮太子(うえのみやのみこ)とも称される。
 内外の学問に通じ、深く仏教に帰依。推古天皇の即位と共に皇太子と成り、摂政として政治を行い、冠位12階・憲法17条を制定。遣隋使を派遣。
 又仏教交流に力を尽くし多くの寺院を建立、「三教義疏」を表すと伝える。なおその事績とされるものには伝説が多い。(574~622)。

 同時代の埴輪は正装を示めしていますがお札などの聖徳大使と比較すると笏(しゃく)は持たずズボンも縛っていませんし髪型も違います。お札の絵のモデルの引用が間違えられていたのでは?とある学者は述べています。時代的に笏を持ち始めたのはこれより150年位後の奈良時代です。笏は例えば遣隋使が大陸に渡った時、皇帝の前で大事な挨拶を間違えないように話すためのカンニングメモだったようです。
 最初の遣隋使は600年に皇帝の前で挨拶して其の内容が倭国ばかり褒めた内容で怒りを買ったようです。2度目は607年に小野妹子が渡り日本での記述は残っていませんが「日出るところの天子…日没するところの・・・恙なきや」との手紙で当時広大な随は世界のトップと思っていたものですから怒りを又買いましたが何とか大陸に渡った目的は果たせたようです。上の二枚は遣隋使の皇帝の前で挨拶した時の服装の想像図です。遣隋使の小野妹子の時は初回より服装も挨拶も気使っています。

Img_6031Img_6032Img_6033Img_6039Img_6040Img_6043Img_6045Img_6059

 摂政として政治を行い沢山の偉業をなしています。自ら講義を行い多くの寺院を建立、法華義疏も書いています。当時、隋の強大な力が朝鮮半島や倭国に及んでいました。
 「難波より京に到るまで大道を置く」と日本書紀に記されていますが正確な聖徳太子は謎が多い様です。

Img_6098Img_6101Img_6106Img_6120

 今朝は雨の中15分だけグルリとマンション周り歩いてきました。消火栓が有りました。
画の仲間がオカリナで「坂の上の雲」のテーマ曲吹いたと云いました司馬遼太郎の本貸してくれました。
以前読んだ本ですが又暇の時ボツボツ読みましょう。大河ドラマでも12月だけ数年放映しました。

«昨日のプレバト。夏井いつき先生。唐沢小学校福祉教育参加。他