2017年4月29日 (土)

こたつ布団。農道歩き。吠え犬。コデマリとオオデマリ。他

Dsc03022Dsc03101

 昨日炬燵を片付けてコインランドリーを初めて使いました。近いので大型ランドリーに蒲団を入れて一度帰って時間見計らっ又行きます。自動車でないと持ち運びは結構難しいです。ビニールの大風呂敷に包んでカート使って6階まで運びました。ベランダ柵に乾くまで確り干しましょう。
 これは便利もっと早く使うべきでした。序でに絨毯もマイペットでゴシゴシ吹いて日光消毒とファブリーナで臭気も取り去りました。ソファと食卓も配置換えしてスッキリ致し快適です。
 居間はオールフローリングで清潔ですし今から涼しいでしょう。断舎利もしていきましょう。

Dsc03027Dsc03029Dsc03028Dsc03033
 
 マンション内側からライラックを撮りました。少し歩きますと今日の花牡丹です。「牡丹咲車椅子からシャッター音」以前多門院の牡丹園で作った句です。同じお宅の庭の「山法師」ですが今この辺りあちこちで見られます。野菜小屋サニーレタスと春菊と小葱を500円ほどレジ袋に放りこみます。

Dsc03031Dsc03035
 
 「青麦や群れたわむれた原風景」「じゃが芋の開花目の前富士雄姿」この辺りから富士山が何時もは見えます。今日は霞んでくっきりは見えませんが・・・

Dsc03039Dsc03041Dsc03043Dsc03044
 
 農道の入り口のお宅オオデマリとコデマリが見頃です。番犬が忠実に職務を実行しています。
 吠える前の普通の時何となくすっとぼけて可愛く感じます。手を振るとじっと見ていました。

Dsc03046Dsc03048Dsc03051Dsc03063
 
 途中のビニールハウスで仕事中の人に会いました。挨拶して土山の事尋ねると段差を無くし同じ平地の為の堀返しの様です。農道の通行許可を念のため頼みますと快く「どうぞどうぞ」でした。

Dsc03086Dsc03078Dsc03088Dsc03084
 
 ミモザ、木香薔薇、鉄線(クレマチス)君子蘭と華麗な花々が続き快適です。鼻を近ずけると木香薔薇が香しく朝歩きの楽しみでもあります。薔薇と同じ成分でしょう。

Dsc03098Dsc03104
 
 再配達など問題が生じていますクロネコヤマトです。ベランダから一階の野球少年の庭を撮りました。

2017年4月28日 (金)

俳句の査定ランキング。水彩画。大型ランドリー。他

Dsc02932Dsc02933Dsc02934Dsc02937
 
 昨夜の俳句の査定ランキングは「茶畑」の季題です。
 五つの席がランク付けられて用意されています。出場者が夏井先生の評価によって座って行きますが評価の音楽と伴に出席者は祈る姿になります。恐ろしい時間だそうで運びが面白いです。
 渡辺えり、モト冬樹、宮澤エマ、尾木直樹、KAT-TUN上田の五人と特待生はHUJIWARA藤本さんです。

Dsc02959Dsc02942
Dsc02953Dsc02946Dsc02955Dsc02966
 
 一位は尾木ママで知られる尾木直樹氏の句「トンネルの上も日本や茶摘み歌」で添削無しでした。
 二位はモト冬樹氏の句「茶摘みの葉口に含みて味苦し」を「手をとめて含めば苦し茶摘みの葉」と添削です。三位は渡辺えりさんの句「天空の茶畑の下黄泉へのトンネル」を「茶畑の下トンネルは黄泉への穴」と添削。四位はKAT-TAN上田竜也氏の句「万緑に心奪われ速度落ち」を「速度落つ美(は)しき茶畑過ぎる時」と添削。五位は宮澤えま(宮澤総理の孫)さんの句「春暑し窓下げ踊る髪と茶葉」を「茶畑の風よ車窓に踊る髪」と添削です。特待生のFUJIWARA-藤本氏の句「茶畑や朝のサリーの色ぬくし」は現状維持で「紅茶摘む朝のサリーの鮮やかに」と添削ですが紅茶は季語でなく季語無し句だそうです。インドの風景です。

Dsc02973Dsc02979Dsc02982Dsc02989Dsc02993Dsc02996
 
 引き続いての水彩画は野村重存先生で有名人の絵画を批評されて同じ場所でのご自身の画も描かれますが流石素敵な水彩画です。人物は無くて残念ですが又ゆっくり研究心以て見ましょう。

Dsc03011Dsc03012Dsc03015Dsc03010
 
 炬燵を片付けました。こたつ布団は昨年まで風呂場に水を張って洗剤入れて浸けて足で踏んで洗っていましたが腰を悪くしそうでスーパーにある大型ランドリーの説明をじっくりと読みました。
 近いうちに使いましょう。こたつ布団は一枚しか入らず石鹸不要で1,000円で洗えます。
 1時間かかりますので一度帰りましょう。幼児のプレーコーナーも有ります。
 炬燵敷きは洗濯表示では洗濯機使えないのでマイペット液に浸した雑巾でゴシゴシ吹いてファブリーナを掛けて日光消毒です。トルコで買ったカーパットも何時もそのようにしてクルクル巻いて収納致します。
このスーパーの敷地内にお米の精米器小屋が有ります。一度玄米を精米しました。
 最後まで読まないでスタートして受け袋からかなり溢してしまいました。雀の為に森にばら蒔きました。

2017年4月27日 (木)

建設工事現場。リク。卯の花。500g豚肉ハンバーグに。他

Dsc02866Dsc02867Dsc02868Dsc02869_2
 
 リクを受け取りに行きながら目につく花々です。コデマリ、ライラック、山帽子、牡丹と続きます。
 マンションの脇にある町に開放している公園のライラックは今年はひっそり地味に咲いています。
 
 トルコにいた頃、黒海沿岸の「アマスラ」という町にドライブ致しました。海岸に面した歴史的建造物のフォート(砦)にも時々行きました。そこにこの季節に大きな濃い色のライラックが見事に咲いていました。
 そこには赤魚という美味しい魚が有名でレストランで食しまたが廃棄率が多くて、山の様な骨などの残骸が積まれました事今でも思い浮かびます。パンの煉瓦の焼き窯の店も有りスコップを使い焼き上げたパンを引き出していました。昔風の大きなパンも沢山立てかけられて並び次女が大喜びしたものです。

Dsc02870Dsc02873

 23軒の戸建ての敷地の土台がかなり出来ていました。段差のある東寄りには一般会社の研究所と事務所が出来ますが完成予想図の看板が立っていました。3階建てらしいです。

Dsc02871_2Dsc02872Dsc02876Dsc02877
 
 この建設中の地主の方の伯父さんになる方と朝散歩によく出遭います。何時もご夫妻で歩いていらっしゃいますが今日はダンベル持って御一人です。大分以前町作りネットに顔を出していたころ知り合いました。
 町の為に色々尽力尽くす方です。東南アジアの人と日本人と結婚して授業についていけない其の方達の子供達が問題になっていました。その面倒と勉強も見て上げるグループがあります。
 其の方のお手伝いもされていましたし、お宅を開放して図書館の様にされて感心な御夫妻です。

Dsc02879Dsc02882Dsc02884Dsc02895

 鎌倉街道脇の歩道を進みます。畑に堺の茶の木が選定されています。先の柔らかいお茶は有効に使っているのでしょうか?三芳町は昔農家の現金収入の為にも境目と農道脇に御茶が植えられています。
 関東ローム層の粒子の細かい砂塵が季節によって舞い上がり車でも先が見えなくなることも有ります。
 農道も道が変形いたします。色んな意味でお茶の木は彼方此方に植えられています。

Dsc02901Dsc02902

 卯の花も境としても植えられています。白い卯の花が咲くとあの歌が鼻歌となって出ます。オカリナでも初心者用にコピーしてさし上げました。「卯の花の匂う垣根に・・・♪」です。

Dsc02905Dsc02915Dsc02922Dsc02916_2
Dsc02923Dsc02925

 オヤツの前で「待て」の言葉を神妙に守っている姿勢です。今朝の体重は2・6kgでした。
ガツガツとあっと言う間に平らげ舌なめずりをしています。
 お昼用に500gの豚引き肉に玉葱と人参のミジン切りと卵、塩胡椒、生姜ちょっとポン酢も入れ捏ねました。ハンバーグ用に丸めて190度で35分焼きました。
 熱々の内に食べますととても美味しかったです。麺つゆで和風味にもトンカツソースでも、又カレーの上に置いたりも致しましょう。2枚づつ小さなビニール袋で冷凍保存です。
 
 最後は昨日買ったポットです。ホウロウビキが丈夫で良いのですが気に入ったデザインが無く値段も
5、000円でした。これは普段使うのにちょっと気に入ったデザインです。
次回は質実剛健に致しましょう。高齢者には扱いが楽な物がベストです。

2017年4月26日 (水)

アレン・セイ。鶏腿肉オーブン焼き。国分寺へ。鈴蘭。他

Dsc02768Dsc02759Dsc02764Dsc027652009060821374220090511185043
 
 国立の洋書屋さんで見つけたアレン・セイ氏の画に見せられています。次女の借りてくれたアレン・セイ氏の絵本の「おじいさんの旅」から四枚撮りました。猫を抱くアレン・セイ氏と英字入りとの二枚は検索です。

 日本生まれの日系アメリカ人作家。イラストレーター。本名はジェームス・アレン・コウイチ・モリワキ・セイイ。現在、オレゴン州ポーランド在住。明治時代に日本からアメリカ合衆国に渡り再び帰国したセイの祖父「おじいさんの旅」でコールデ・マット賞(年間最優秀絵本賞)を1994年に受賞。
 セイの作品は日本人と日系アメリカ人を描いた物が多く自伝的要素を含むものである。

Dsc02753Dsc02777Dsc02774Dsc02772
 
 鶏腿肉のオーブン焼きは昨日の夕餉に焼いたものです。簡単なので多目によく焼きます。
今朝は国分寺に向かいました。アンデルセンで無花果とチーズにの入った好物のパン等夕食用にも購入です。何時も有るパンと新しく工夫したパンと美味しい物、健康パンと様々あります。
 改札前の広場を再び幼稚園の子供達が通過です。引率の先生も動き回る園児を無事に預かり集団生活に馴染ませることも大変な労力が必要です。お年寄りがニコニコ話しかけています。

Dsc02789Dsc02791Dsc02792Dsc02794
 
 時計屋さんのウインドウのレプリカなどです。此のネックレス気に入りましたが手の出ないお値段でした。

Dsc02797Dsc02803Dsc02801Dsc02805
 
 ユニクロで主人用と私のも二組程寝巻を購入です。下着と寝巻は此処の品質が質実剛健で実用的です。
紅茶ポットの摘みが取れましたので初めてのお店で購入です。幼児の遊びコーナーがあり一組休んでいました。こういう場所助かります。30分ばかりタリーズで読書が出来ました。
この時代の物が好きで天智天皇や額田王、今は聖徳太子です。アイスのロイヤルミルクティで一休みです。

Dsc02846Dsc02850Dsc02853Dsc02854
 
 次女宅のパテォもすっかり新緑に替わっています。大型工事の幕は殆ど取り去られていました。
 手作りのケロ君テレビの上で何か含みのある表情です。帰り踏切に遮断機が下り始めて通過を待ちました。先日77歳のお年寄りを50代の方が引き戻そうとして二人とも電車に轢かれてしまう事故が起こりました。自殺しようとした方を止めようとされたようです。
 何て言っていいか結果的には手を出さない方が御一人は助かったのですのに・・・
 
 踏切渡るとすぐ右手の庭にこんな可憐な鈴蘭が咲いていました。ホット慰められます。

2017年4月25日 (火)

中央公民館。みずゑの会。メンバーの未完成の画。ロビー。他

Dsc02715_2Dsc02716_2Dsc02720_2Dsc02719_2Dsc02721Dsc02724
 
 第4火曜日です。中央公民館でみずゑの会の日です。車が信号で止まっている間に左手の大きな一本の欅の木です。次の信号では民家の塀の中の棕櫚の木です。
 3・4Kmの中央公民館に到着致しました。公民館の正面と白い建物は三芳中学校です。
 公民館は学校給食と続き三芳町の全給食を此処で作っています。

Dsc02725Dsc02727Dsc02730Dsc02731
 
 自動ドアを入ってすぐのロビーです。左手の部屋は貸し出しはしていない解放した図書室です。
 右手は事務所でカウンターで開放的です。コーナーに健康診断機器が何時でも自由に使えます。

Dsc02733Dsc02734Dsc02739Dsc02736Dsc02740Dsc02737
 
 未だ未完成ですがヘップパーンの鉛筆画は完成しています。
 私のパステル画、テッツアーノの「フローラ」もまだまだ色を重ねて推敲も致します。
 鉛筆画の方はジュリー・アンドリュースです。ご本人はイマイチ似ていないと気にしておられます。
 ハワイの樹木の絵の方は今年米寿になられますが歩いて来られました。佐渡の絵の方も86歳です。
 先日読んだ日野原重明氏の本で「芸術家は長生きする」何て書いてあったと云いますと笑いが出て我々も芸術家と思いましょうとの返事でした。何でも楽天的の行きましょう。

Dsc02745Dsc02752
 
 二階の吹き抜けから一階のロビーを撮りました。子供の作品が飾られています。未だ新しい此の建物は何処もかしこも掃除も行き届いて綺麗です。洗面所もピカピカでせっけん液でパステル汚れた手を洗えます。

2017年4月24日 (月)

石南花。馬酔木。竹間沢公民館本返却。ハナミズキ。他

Dsc02669_2Dsc02671Dsc02674Dsc02679
 
 今朝は40分ばかり時間が有りました。竹間沢公民館の何時も開いてる返却口に本の返却兼ねて歩きます。マンションの花壇の石南花が綺麗です。入居時からキチンと植えられていましたが開花するまでの管理がされていないので沢山植えられた内数本しか綺麗に咲きません。
 年2回管理会社の植栽の日が有りますが此処までは手が届かないようです。
 総会で何度か管理責任をキチンと決めて折角の花壇の綺麗さを守って欲しいと発言しましたが直りません。他所のマンションで耳にした話では住民が園芸グループを立ち上げて積極的に管理しています。
 中々其々の仕事などが有ってやる人は出て来ません。集合住宅の問題点です。
 
 ポピーが蔓延って種になっています。セイタカアワダチソウの様に害はなく可憐ですから空き地に蔓延するのも吝かではありません。この種は随分多く、ちょっとあげても、花菱草、虞美人草、ポピー、・・・等
 馬酔木が可憐に白い花を付けています。有毒で牛馬が食うと麻痺すると云う事からこの名前です。

Dsc02684Dsc02685Dsc02686Dsc02689
 
 竹間沢住宅の通りの大輔君を覗きます。君子蘭の鉢植えの向こうの小屋にお尻が出ています。
 声をそっと掛けましたが老犬ですから弱っているようです。シェットランド犬で賢そうで何故か気になるワンちゃんです。右下のバナナか芭蕉の様な樹木です。黄色い大きな花が咲きそうですが名前は解りません。

Dsc02690Dsc02692Dsc02696Dsc02701
 
 竹間沢公民館に本4冊返却致しました。ハナミズキが格好よく咲いています。再び住宅街の違う通りを逆に戻ります。可憐な紫の花名前知りたいです。木香薔薇が黄色く垣根に見事に咲いていました。

Dsc02694_2Dsc02706_2

 マーガレットに鉢植えが今を盛りとしています。住宅街の花々は競争の様に手入れされて快適です。 
生協だけでは食料品不足でしたのでちょっと寄りました。鶏腿、クリームチーズ、バター、卵、納豆、揚げ等購入です。肩腱板損傷で腕に負荷はかけられませんがレジ袋一つくらい大丈夫です。
これで朝集中して家事をこなしました。出来るだけ趣味の時間を増やして有意義な人生に致しましょう。

2017年4月23日 (日)

 日曜美術館。海北友松。山口晃。トマトクリームパスタ。他

Dsc02518Dsc02517

 今日の日曜美術館は狩野派の絵師、海北友松の紹介でした。
 アメリカのネルソン・アトキンズ初代館長はウイリアム・ロック・ヒル・ネルソン氏。ローレンス・シックマン氏は第2次世界大戦時、アジアの美術品の保護に携わりました。

Dsc02515Dsc02520Dsc02519Dsc02531

 海北友松は天文2年(1533年)~慶長20年(1615年)は安土桃山時代から江戸時代初期にかけての絵師。海北派の始祖。姓は源氏、友松は字。近江の湖北地に生まれる。
 浅井家の家臣海北綱親の五男(三男説もあり)。天文四年父が戦死したのを切っ掛けに禅門に入り京の東福寺で修業。此の時狩野派を学んだらしい。師匠は狩野正信とも狩野永徳とも言われるがはっきりしない。
 天正六年(1573年)浅井家が滅亡。兄達も討死したのち還俗し海北家の再興を目指したが豊臣秀吉に画才を認められた。秀吉が上杉景勝邸に「御成り」した時友松の絵を手土産にした。
 武門を去り晩年は画業に専念した。
 八条宮智仁親王や亀井慈距、元々東福寺の退耕庵主だった安国寺恵瓊とも親しかった。
 又交流の有った齊藤利三(明智光秀の重臣)を謀反人でありながら手厚く葬り(磔にされていた利三の遺体を友松が槍を振って侵入して奪い取ったともいわれる)。
 後に友松の息子友雪は利三の娘である春日局から褒賞を受けている。墓所は京都の浄土寺真如町の
真正極楽寺、友松夫妻の横に齊藤利三の墓がある。

Dsc02538Dsc02549Dsc02575Dsc02582Dsc02576Dsc02581Dsc02587Dsc02594

 67歳の時建仁寺の五つの部屋の襖絵を依頼されます。関ヶ原の合戦後に豊臣家の助けを失うが宮家や公家がパトロンとなってくれた。画家の山口晃は友松は晩年総ての物を削ぎ取って必要な物を残し極限に迫ったと批評しています。70歳超えても精力的であった。山口晃氏も日曜美術館で紹介されました。

Dsc02649Dsc02652Dsc02653Dsc02655Dsc02658Dsc02662
 
 アート・シーンでは色々の美術館での現在展示中の美術品紹介の中から、学習院大学資料館で「宮廷装束の世界」に魅せられました。色々問題含んでいますが綺麗なものは綺麗です。

Dsc02666Dsc02668
 
 お昼はパスタ料理で魚貝のトマトクリームソースです。春キャベツを千切りにして塩を軽くしてサラダもスタンバイしています。果物は林檎とフルーツをカットして冷蔵庫内です。これで読書の時間も見出せそうです。

2017年4月22日 (土)

手話ダンス。中野サンプラザ。ゼロホール。安倍婦人昭恵さん。他

Dsc02385Dsc02399Dsc02404Dsc02409Dsc02415Dsc02417

 東武東上線で池袋そして山手線で高田馬場迄、東西線に乗り換えて中野に着きました。
 アーケード街を途中まで通過して左に折れて中野サンプラザです。娘たち小学生の頃沼袋と都立家政に住んでいましたのでサンプラザのプールに良く来たものです。懐かしいです。
 11時40分の待ち合わせ迄時間が有りましたのでサンプラザの横にある喫茶でレモネード飲みながら一休みです。今日は中野ゼロで年1回の手話ダンスの大会が有ります。
 先回のオカリナでコンサートに出ました時知りあった方が手話ダンスを習って是非と所望しました。
全国からのグループが出場されて今問題渦中の安倍総理婦人のグループも出られます。

Dsc02422Dsc02423Dsc02424Dsc02426
 
 中野駅南口からゼロまでの通りは高架線の壁画にこのような絵が描かれ出窓風の窓ガラスも描かれています。そしてモニュメントやギリシャ風の彫像も所々に置かれています。

Dsc02429Dsc02432
 
 会場まで略1時間長い行列に並びました。待ち合わせの彼女と携帯でやっと所在確認で彼女と一緒の手話ダンスの方と3人で座る事が出来ました。1,000席くらいありそうな大ホールです。

Dsc02435Dsc02440Dsc02447Dsc02449Dsc02453Dsc02455Dsc02459Dsc02461Dsc02463Dsc02466
 
 12時半開場で1時開演です。祭りだ祭りだ、荒城の月、ひょっこりひょうたん島、さとうきび畑、世界に一つだけの花、20曲続きます。お作法ダンスという手話はラ・クンパルシーターの曲に合わせて松花堂弁当と箸使いと洋食もタンゴに合わせて笑いが出ました音響効果もよろしいですし衣装も工夫されて照明も素晴らしく凄く楽しめました。年に1回普段の練習の実が結んでいます。

Dsc02474Dsc02473

 司会の人の案内で安倍総理のお母様(岸総理の娘)と明恵夫人の御両親が立ってお辞儀だけなさいました。後ろ側に座っていましたので御顔は良く見えませんでした。

Dsc02476Dsc02481Dsc02485Dsc02486Dsc02503Dsc02507Dsc02509Dsc02513
 
 明恵夫人のグループは「明日があるさ」の曲に合わせて黄色のワンピースに赤い花を付けての手話ダンスで楽しそうでした。明恵夫人が最後の写真の右側の四人の内、左から二番めで良く解ります。
すっかり有名人です。会場がざわついてカメラもって移動する人が入り乱れていました。
 これは楽しそうでチャンスがあればやりたいものですが今度高齢大の広報係を引き受けましたので今は無理です。実に楽しい時間でした。歌舞音曲はリ・フレッシュ致します。駅まで迎えに来てもらいました。

2017年4月21日 (金)

俳句査定ランキング。グループ・ホーム。特別養老ホーム。他

Dsc02260Dsc02263Dsc02272Dsc02277Dsc02273Dsc02280_2Dsc02281Dsc02282Dsc02289Dsc02291Dsc02297_2Dsc02304

 昨夜の夏井いつき女史のプレバトは今までの句会を編集し直して4組の同レベルのバトルという形です。
 先ず1番目はKis My Ft2の横尾氏と千賀氏のバトルです。横尾氏の句「夏帽子夜行列車の網棚に」千賀氏は「海鳴りも凍る夕暮れ雪列車」を「海鳴りの凍れる夕暮れの列車」と添削で横尾氏の勝でした。
 
 二番めは文学受賞者のピース又吉氏と内田春菊さんのバトルです。
 又吉氏の句「号令も風となりけり水芭蕉」です。内田さんの句「紅葉あって抱擁は無い一人旅」は「抱擁なき一人の旅の紅葉よ」と添削で又吉氏の勝でした。

 三番目は兄弟対決大和田獏氏と大和田信也氏とです。獏氏の句「傷心の旅の車窓にチューリップ」です。
 兄信也氏の句「秋風に七輪の熱幸はこび」を「独り身に幸あり秋風の七輪」と添削で弟が学生時代優秀であった兄に初めて勝ちました。

 四番目は泉ピン子さんと中田喜子さんのバトルです。ピン子さんの句「満開の花見て食べる桜餅」を「満開の寺の名代の桜餅」と添削です。中田さんの句「発車ベル待たずやうさぎ雪の野へ」を「発車ベルに驚くうさぎ雪の野へ」と添削で中田さんの勝でした。

 五番目は梅沢登美男しと東国原氏のバトルです。先ず梅沢氏の句「車窓にはじょんがらのごと雪しまく」でした。雪しまくとは「し」とは風の事で雪と風が舞い上がると云う意です。東国原氏の句「大拍手空舞うコスモスのブーケ」で東国原氏の勝でした。語順が非常に良いそうです。

Dsc02309Dsc02310Dsc02312Dsc02314
 
 リクも買い物も無い純粋な朝歩き竹間沢住宅方面に行きました。インク会社の置かれていたテントの倉庫は芝生となって会社内部に移されています。山法師の白い花と菖蒲(?)の白い花アップしました

Dsc02317Dsc02319
 
 孫たちの卒業した第三保育園の前に地域密着型グループホームが出来るようです。
 工事完了予定は29年9月30日です。きっと子供達の活気と人生豊富であっても体力的に弱っている老人の交流はバランスとれますので良いアイデアでしょう。孫娘が幼児の頃特養にいる義母のお見舞いに行きました。義母だけでなく他のお年よりも「可愛い、可愛い」と手を差し伸べてくれて孫娘も恥ずかしながら得意そうでした。優しさが醸しだされます。私も何れ此処にお世話人るかも・・・・・?

Dsc02324Dsc02325Dsc02332Dsc02328
 
 小学校を迂回していますと御地蔵様が素人作りのような素朴さでありました。花が活けられていますが造花も混ざっています。ドンドン農道を行くと特別養護老人ホームが見えます。高齢大の数年前の会長さんは此処の看護師を長く勤めていらしたとご本人から伺いました。芝桜が見事な絨毯です。

2017年4月20日 (木)

近隣の草花。リクと散歩。山吹の花と太田道灌。他

Dsc02201Dsc02199Dsc02204Dsc02207

  リクを預かりに時間のゆとりが有りましたので、何時もの道の反対周りで迎えに行きます。
 リク宅まで途中、こでまり、花菱草、桜の新葉、チューリップです。大型マンションの体操集団に遭いましたら高齢大の知り合いが中にいまして声掛けられ嬉しく感じました。さっぱりした面白い人です。

Dsc02212Dsc02211Dsc02215Dsc02219
 
 鎌倉街道沿いの歩道をリクと共に進みます。中学生が追い越して行きました。
リクちゃんは大きい方の排出の姿勢に成りました。向かいから来た人が笑いながら何か言っていますが聞き取れません。いずれにしても平和な風景なのでしょう。野菜小屋で菜の花と春菊とサニーレタス購入です。

Dsc02220_2Dsc02221_2Dsc02222Dsc02227
 
 山吹が咲いていました。柿若葉とハナミズキと鉢植えは金魚草に似ていますが丈が短く時期も少し早いです。山吹はNHKの今日の花です。太田道灌を連想致します。検索致しました。

 若き日の太田道灌が蓑を借りるべく或る小屋に入った所若い女が何も言わず山吹の花一枝を差し出したので道灌は怒って帰宅した。後に山吹には「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき」の意が託されていたのだと教えられ無学を恥じたという。
 醍醐天皇の第16皇子である兼明(かねあきら)親王作で後拾遺和歌集に掲載されてます。
それ以後歌道に精進して当代屈指の歌人となる。女性は紅皿という名で後に道灌の歌の友となる。

Dsc02230Dsc02233Dsc02246Dsc02243
 
 リクは散歩の距離が短くなり抱っこすると以前より柔らかく体重が腕にズシリと重たく感じます。
 しかし風呂に入ってオヤツの後は息を吹き返したように家じゅうをかけっこ致し遊びを求めます。
ベランダから長いスパン、解体から整地と建設と二階建の工場が壁も白く塗られすっきり致しています。

«国分寺行。薔薇色々。北口工事。アラン・セイ氏。他

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30